カテゴリー: 試合ブログ

4/21 春季リーグ戦③ vs電通大@淑徳大G

今日は春季リーグ戦第3戦、対電通大学戦が日本工業大グラウンドにて行われました。結果は1-6で悔しくも3敗目を喫してしまいました。それでは試合を振り返ってまいりましょう。

先攻の外語は、一回表、青島がレフト前ヒットにより出塁しますが、その後はヒットが続かず、この回を終えます。

その裏、先発の岩崎岳は1本のヒットとエラーが絡み、1アウト満塁とピンチを迎えますが、なんとか無失点で抑えます。

2回表、本日初試合となる田邊が四球により出塁すると、岩崎が送りバントによりチャンスを広げ、安田のヒットでランナーが1人生還、先制点を得て1-0とします。いつき君ナイバッチ!!

その裏、先頭打者にヒットを許すと、エラーやバントが絡み、1点を返され同点となってしまいます。

3回裏、先頭打者が四球により出塁すると、ヒットと四球を許し、追加点を与え、1-2となってしまいます。

試合が動いたのは4回裏。先頭打者が四球により出塁すると、その後2本のヒットと死球を許し、3点を取られ1-5となってしまいます。ここで、岩崎岳に代わり横田が登板します。横田は最後の打者を空振り三振に抑え、この回を終えます。
一方外語はなかなか追加点を得ることが出来ません。

5回裏、横田は2本のシングルヒットと1本のツーベースヒットを浴び、ランナーを1人還され、さらに点差を広げられてしまいます。

なんとか巻き返したい外語でしたが、そのまま追加点を得ることのできないまま1-6で敗北となりました。

1試合でわずかヒット3本。投手力、打線力の弱さが浮き彫りとなる試合でした。出塁こそしているものの、なかなか得点に結びつけることが出来ませんでした。明日は淑徳大学グラウンドにて、東京電機大学さんとの試合があります。気持ちを切り替えて、勝利できるよう挑みましょう。

また、今日は休波さん、清水さん、高城さんがいらしてくださいました。お忙しいなかノックやアドバイス等ありがとうございました。

お疲れ様でした。

4/14 春季リーグ戦②vs日工大

本日は春季リーグ戦第二戦、対日本工業大学が日本工業大学グラウンドにて行われました。
結果は10対2で、外語は惜しくも敗戦を喫しました。
それでは試合を振り返っていきます。

一回表、先頭打者にセンター前ヒットを浴びた外語は、続く二番、三番で2アウトまで追い詰めるも、四番にレフトオーバーのタイムリーヒットを浴び、初回に1点を先制されます。その後は両者とも得点はなく、試合は1対0で進んでいきます。

三回表、再び先頭打者にセンター前ヒットを許した外語は、2アウトまで順調に抑えるも、三番打者に左中間へのタイムリーツーベースヒットを浴び1点を追加され、2対0となります。その後五回まで、ランナーは出るものの、両者とも得点はありません。

そして試合が動いたのは六回表、先頭打者にライト前ヒットを浴びた外語は、1アウト1塁の場面から失策や四死球が続き一気に6点を追加されてしまいます。その後外語は2アウトまで抑えるも、再び四球、失策、ヒット、さらに四球を与え、さらに2点を追加されてしまい、この回は8失点とビッグイニングとなり、10対0となりました。

その裏、先頭打者松尾が左中間へのツーベースヒットを放つと、続く安田が送りバント成功、1アウト2塁となります。その後、二番青島が四球を貰うと三番加藤がレフトへのタイムリーヒットを放ち、10対1で2アウト3塁となります。松尾さん、加藤さんナイバッチです!
続く四番永田の打席で、相手の失策によりさらに1点を追加しますが、さらなる追加点はなく、この回は10対2でおわります。

その後、七回もランナーはでますが、得点につなげることはできず、七回で10対2、コールド負けとなってしまいました。

初戦に続き、再びコールド負けとなってしまいました。
スイングスピードや、全体の雰囲気についてなど様々な反省点があったので、これからの練習に活かしていきましょう!
また、今日は一年生にとっての初めてのリーグ戦となり、フレッシュな視点からの意見を聞くことができました。これからの一年生の活躍を期待しています!!

さらに、本日は球友会の会長である塚本様が試合を見にいらして下さいました。お忙しい中、わざわざ遠くまでありがとうございました!

次回の試合は4/21(土)10:00から日本工業大学グラウンドにて、電気通信大学さんとの試合になります。
連戦となるため、しっかり準備して挑みましょう。

お疲れ様でした!

4/7 春季リーグ戦①vs理科大

本日は春季リーグ戦第1戦、対東京理科大学が日本工業大グラウンドにて行われました。
結果は12-3で外語が悔しい7回コールド負けを喫しました。それでは試合を振り返ってまいります。

後攻理科大は、初回に外語の先発永田から2点を奪うと一気に試合の主導権を握ります。四回までに12点を奪い、永田を打ち崩して着実に差を広げます。
対する外語はランナーを出すもののなかなか点に結びつかず、四回まで0点に抑えられてしまいます。

試合が動くのは5回表。2アウト一、二塁で外語の主砲永田がレフトへのタイムリーヒットを放ち、1-12と反撃ののろしを上げました!
しかしチャンスを活かしきれず追加点を得ることができません。

6回表には四球と相手の失策で塁を埋めると成長の止まらない二年生岩本のヒットでさらに1点を得ます!いわもつナイバッチ

4点を取りコールドを避けたい外語は、7回表、相手のミスが出て1点を追加しますがそれ以上の得点はできず、反撃もここまで、3-12で試合終了となりました。

今日は反省点も非常に多く、自分たちの課題がはっきりした試合だったのでないかと思います。
授業も始まり人数の少ない中でのリーグ戦は厳しい戦いになりますが、普段の練習から一つ一つ見直し、頭を使って練習していきましょう。

次回は4/14(土)vs日本工業大です。限られた時間ではありますが、しっかり調整して試合に挑みましょう!!

3/18 春季オープン戦④ vs農工大@農工大G

今日は春季オープン戦最終戦、対農工大学が農工大グラウンドにて行われました。結果は15-6と大差で負けてしまい、課題が多く残される結果となりました。それでは試合を振り返っていきましょう。

初回、先発の岩崎岳は先頭打者に四球を許すと、その後も3つの四球とヒットを許し、この回で6点を取られてしまいます。

その裏、なんとか巻き返したい外語は、先頭打者加藤が四球により出塁すると、続く青島が送りバントに成功し、1アウト2塁となります。ここで主将永田のHRにより、2点を返します。わたるんナイバッチ!!しかしその後はヒットも続かず、4点差のままこの回を終えます。

攻撃では、3回裏永田が四球により出塁すると、続く横田のライト前ヒットにエラーが絡み、2点を取り返します。ゆうだいナイバッチ!

守備では、その後5回までに8本のヒットを許してしまい、14-4と大きく引き離されてしまいます。

6回表、ここで先発岩崎岳に代わり、永田が登板します。永田はヒットは許すものの、この回を無得点に抑えます。

しかし外語も追加点を取れず、7回表、先頭打者にレフト前ヒットを許すと、犠打、エラーにより1点を取られ、更に点差を広げられてしまいます。

そして迎えた最終回。ここで、永田に代わり岩崎弘治の登板です。岩崎はヒットを許そことなく、無得点に抑えます。弘治くんナイスピッチ!

そしてその裏、先頭打者はなかなかヒットを打つことができず、すぐに2アウトとなってしまいます。しかし続く9番松尾がセンター前ヒットにより出塁すると、四球とヒットが絡み、2点を取り返します。みんなナイバッチです!!その後5番安田がサードのエラーにより出塁しますが、飛び出しアウトによりチャンスを生かしきれず、15-6で試合終了となりました。

今日は川田さん、戸倉さんが来てくださいました。お忙しい中、ノックやアドバイス等ありがとうございました。

リーグ戦前最後の練習試合でこのような結果となってしまい、まだまだリーグ戦へ向けて準備が足りていないと実感させられる試合となってしまいました。初戦まで残り2週間、最終調整を進めていきましょう。

お疲れ様でした。

3/3 春季オープン戦③vs千葉大@千葉大G

本日は、春季オープン戦第3戦、対千葉大学戦が千葉大学西千葉キャンパスにて行われました。
結果は16-11と、乱打戦の末に外語が破れました。それでは試合を振り返ってまいりましょう。

後攻外語の先発は、これまで好調なピッチングを見せてきた一年生横田です。初回、味方のエラーもあり2点を先制されるも、それ以上の点は与えません。
その裏、流れを引き戻したい外語は先頭打者加藤が死球で出塁すると、続く松尾が送り、永田がタイムリースリーベースヒットで一点を返します。わたるんナイバッチ!さらに相手の守備の乱れで一点を得ると、岩崎(弘)がレフトへのタイムリーツーベースヒットを放ち、3点目を追加、2-3と逆転しました。弘治くんナイバッチ!

しかし二回表、横田が5本のヒットを浴びるとパスボールなど守備の乱れも出て一挙に5点を返され、7-3とされます。
その後も千葉大は攻撃の手を緩めず、三回にも4点を追加します。

4回表、横田に代わってマウンドに上がった永田は、先頭打者を歩かせると、続くバッターにヒットを許し、味方のエラーも絡んでこの回三点を奪われます。
対する外語は2回から4回まで攻撃を三者凡退で終え、なかなか流れを引き戻せません。

5回表に千葉大を三者凡退に抑え、勢いに乗りたい外語でしたが、6回表、永田は三者連続フォアボールを与えるなど制球が定まりません。この回はさらに一点を追加されて、15-3とさらに突き放されます。

試合が動くのは6回裏、外語の攻撃です。先頭打者横田がヒットで出塁すると四死球からチャンスを広げて、押し出しで2点を得ます。さらに再び永田のタイムリースリーベースヒットで3点を追加、この回一挙に6点を返して15-9とします。わたるんナイバッチ!

8回裏には相手のエラーや死球でチャンスを得ると、またまた永田のヒットで一点を返し、15-10と5点差まで詰め寄りました。

対する千葉大打線は、7回表にマウンドに上がった岩崎弘の好投に沈黙。しかし9回表、4番打者に二塁打を許すと味方のエラーも絡み一点を返され、16-10と再び差を広げられます。

このままでは終われない外語は9回裏、一死から岩崎岳、岩本、青島が三連打で塁を埋めると続く加藤が本日3度目の死球を受け、押し出しで一点を得ました。なおも満塁、なんとか打線を繋ぎたい外語でしたが勢いは続かず、16-11で試合終了となりました。

練習の成果が活かしきれていない部分が多く、リーグ戦に向けての課題がはっきりした試合だったかと思います。人数が少ないなかではありますが、これまで以上に集中して練習に臨んでいきましょう!今日はお疲れ様でした。