カテゴリー: 試合ブログ

11/11 秋季リーグ戦⑩vs文教大@日工大G

今日は秋季リーグ戦第10戦、対文京戦が日工大グラウンドにて行われました。
結果は、5-6でサヨナラ勝ちとなり、6勝4敗と勝ち越しで今シーズン終えることができました。

それでは試合を振り返ってみましょう。

外語の先発岩崎は1.2回、相手に四死球をいくつか与えるものの、なんとか無失点に抑えます。
しかし3回表。3人に連打を浴び、ノーアウト満塁のピンチから四死球、犠牲フライにより2点を先制されてしまいます。ここで岩崎は永田にマウンドを譲ります。

その裏、追いつきたい外語は四球を2つもらうと、続く3番青島がレフトへのタイムリーヒットを放ち2-1とします。青島くんナイバッチ!

4回表、追加点を与えたくない外語ですが、永田は先頭打者に四球を与え、そこから3人に連続ヒットを許し、2点を追加され、4-1と離されます。

なんとか点差を縮めたい外語はその裏、先頭安田がエラーで出塁すると、続く松尾が左中間へのヒットを放ち、さらに続く福田が送りバントを決めます。チャンスで打席に立ったのは1番山崎。ライトへのタイムリーヒットを放ち、2点を追加し1点差に詰め寄ります。松尾さん、ともきさんナイバッチです!!

さらに7回裏、1点を追いかける外語の攻撃。ツーアウトから4番永田がライトへヒットを放つと、続く清水が期待通り、ライトへのタイムリーツーベースヒットを放ち、同点に追いつきます。わたる、清水さんナイバッチです!

4回以降、永田は安定したピッチングを見せ、8回まで追加点を与えません。しかし、9回表。テンポよく2アウトをとるものの、エラーで出塁を許すと続く2人にヒットを打たれ、またも1点差とされます。

このまま終われない外語はその裏、橋本が相手のエラーにより出塁すると、続く森川が送りバントを決め、1アウト1.2塁の場面で打席に立ったのは頼れる4番永田。みんなの期待に応え、タイムリーツーベーヒットを放ち、同点に追いつきます!
サヨナラのチャンスの場面で打席に立ったのは清水。初球で試合を決定づけるサヨナラタイムリーヒットを放ち、サヨナラ勝利という最高の形で勝利を収めることができました。
わたる、清水さん本当にナイバッチでした!

今日の試合では、前回の反省を生かしたプレーが見られるなど、練習の成果がでて成長を感じられる試合となりました。また、1年生ピッチャー2人で勝利をつかんだことも大きな収穫でした。人数が少なくなる中で個々人のレベルアップ、ピッチャーのレベルアップなど来季に向けて課題を見つけることもでき、とても意味のある一戦となりました。
何より現チーム最終戦で勝利を飾ることができたことが良かったです。

また今日の試合には風間先生、休波さん、折笠さん、高城さん、なおこさん、宮島さん、りほさんが来てくださいました。遠いところありがとうございました!

この試合をもちまして秋季リーグ戦終了となり、残ってくださった3年生プレイヤー3人、復帰してくださった5回生2人、そしてコーチとしてチームを支えてくださった加藤さんが引退されます。本当にお疲れ様でした。

応援してくださった皆様、たくさんのご声援ありがとうございました。これからも東京外国語大学硬式野球部をよろしくお願いいたします。

11/5 秋季リーグ戦⑨vs文京大@日工大G

本日は秋季リーグ戦第9戦、対文京大戦が日工大グラウンドにて行われました。
今季のリーグ戦において調子のよい文京との初の対戦でしたが、結果9-5で負けてしまいました。

それでは試合を振り返ってみましょう。

先攻外語は初回、3番安田がデッドボールにより出塁し、続いてピッチャーのエラー、暴投というラッキーな展開で一点を先制します。

しかし一回裏、先頭打者にいきなりホームランが打たれ同点とされてしまいます。

続く二回表、追加点がほしい外語ですが、二者連続三振に倒れ2アウトとなります。しかし、2アウトからの外語です。橋本が四球で出塁すると続く松尾がヒットを放ち2アウト1.2塁とします。
ここで打席にたったのは頼れるエース清水です。期待に応えタイムリーヒットを放ち、2-1と勝ち越します!松尾さん、清水さんナイバッチです!!
さらに続く森川、青島が四球をもらい、押し出しにより一点を追加し、3-1とリードします。

ところが二回裏、連続フォアボールとヒット、エラーも絡み、またまた同点に追いつかれてしまいます。

なんとか先発清水を援護したい外語ですが、なかなか打線がつながらず、ミスも絡み、3.4.5回無得点に終わってしまいます。

ここで追加点を与えたくない外語でしたが、4.5回に1点ずつ返され、3-5とついに勝ち越されてしまいます。

しかし、6回表にチャンスがやってきました。ツーアウトから続く横田がライトへのヒットを放ちます。ナイバッチ!
チャンスで打席に立ったのは3年生橋本です。なんとセンターオーバーのタイムリースリーベースヒットを放ち、4-5と一点差に詰め寄ります。橋本さんナイバッチです!!

なんとか一点を追加したい外語ですが、7.8回ヒットは出るものの、繋ぐことができず無得点に終わります。

8回裏、点差を広げたくない外語でしたが、ヒットとフォアボールが続き、打者が一巡し、一気に5点を奪われてしまいます。

9回表。このまま終われない外語の先頭打者は、昨日に引き続き投打で大活躍の清水です。なんとここでレフトへのツーベースヒットを放ちます!清水さん、ナイバッチです!その後ダブルプレーをとられツーアウトとなるものの、四球、デッドボールをもらい、チャンスを広げます。
ここで頼れる4番永田がタイムリーヒットを放ち、一点を返します。わたるナイバッチ!
残念ながらその後は反撃かなわず5-9で試合終了となります。

負けてはしまったものの二日連続先発をつとめ、完投した清水さんはさすがのピッチングをみせてくれ、さらに打線もふんばり、外語らしい野球ができたと思います。優勝の可能性はなくなってしまったものの1.2年生が中心となる来季に向けて課題も多く見つかる良い試合となりました。

また今日は休波さんと藤岡さんが試合にいらしてくださいました。ありがとうございます!

お疲れ様でした!来週は今季最後の試合です。残り一戦チーム一丸となってやりきりましょう。

11/4 秋季リーグ戦⑧vs理科大@日工大G

本日は秋季リーグ戦第8戦、対理科大戦が日工大グラウンドにて行われました。外語の打線が11安打と爆発し、0-2で勝利を収めることができました。それでは試合を振り返りましょう。

初回、外語の先発清水はヒットを許すことなく三者凡退で抑えます。しかしその裏、同じく外語も三者凡退によりすぐに攻守交代となってしまいます。

2回裏、岩崎がレフトオーバーのヒットにより出塁すると、同じく1年の横田のレフト前ヒットにより2アウト1.2塁のチャンスを掴みます。しかしその後はヒットが続かず、チャンスを活かせません。

試合が動いたのは3回裏、外語の攻撃です。先頭の森川が右中間へのヒットで出塁しますが、牽制アウトになってしまいます。しかし続く監督安田のレフト前ヒット、青島のセーフティバント成功により1アウト1.2塁とチャンスを掴みます。続くバッターは、今期大活躍の1年生永田です。センター前ヒットを放ち、ランナー1人生還。先制点を獲得します。続く4番清水では、セカンドへのゴロでさらにもう1点獲得し、0-2でこの回を終えます。みんなナイバッチ!!

しかしその後はヒットは出るものの、なかなか追加点を取ることができません。

そして迎えた最終回。投手清水が最後も三者凡退で抑え、相手に得点を許すとなく0-2で試合終了となりました。清水は9イニング中6イニングを三者凡退で抑えるという素晴らしいピッチングをみせてくれました。

本日の試合では、今期最多となる11安打を放ち、外語の課題であった打撃面に関して成長の見られる試合となりました。しかし、牽制アウトやフライの多さ等新たな課題も見つかりました。練習で課題を減らしつつ、残りの2試合も勝ちましょう。

お疲れ様でした。

秋季リーグ戦⑦vs日工大@日工大G

本日は秋季リーグ戦第7戦、対日工大が日本工業大学グラウンドにて行われました。今回のリーグ戦において初めて、同じ対戦校から二勝目を納めることができました!それでは試合を振り返っていきます。

一回表、先発清水は日工打線を三者凡退に抑えます。
その裏、後攻の外語は、先頭の安田がセンター前ヒットを放ち、ノーアウト1塁。その後安田が二盗を決め、ノーアウト2塁となります。続く青島がレフト前ヒットを放ち、ノーアウト2、3塁のチャンスを迎えると打席に立ったのは一年生永田。犠飛で安田が生還し、外語は一点を先制します。

続く二回は両者とも無得点におわりますが、三回裏、外語の打線が爆発します。
先頭の岩崎がレフト前ヒットを放ちますが、続く安田のセカンドライナーで2アウトまで追い込まれます。ここで終わらないのが外語です。2番青島が失策により出塁、更なる失策で2塁へ進みます。2アウト2塁、永田が四球をもらい2アウト1、2塁になると4番清水がライト前ヒットを放ち、2アウト満塁のチャンスになります。
ここで頼りになるのが5番福田。ここぞとセンター前ヒットを放ちます。これにより外語は二点を追加します。ナイバッチです!!その後もヒットがでましたがこの回は二点に留まります。

守りも好調な外語は、その後も日工打線にほとんどヒットを許すことなく場面は六回裏。
2アウトから森川が左中間へのヒットを放ち、さらに二盗を決めます。2アウト2塁、つづく岩崎のレフト前へのタイムリーヒットにより一点を追加します。ナイバッチ!

その後、七回、八回とエース清水の好投と野手の堅い守りで日工大を三者凡退に抑えます。九回にヒットを一本許すものの、外語はそのまま日工打線を封じ、0対4と完封勝利となりました!!

これで今季四勝目となります。
今回の試合では、エース清水が一回を10球ほどで抑える見事なピッチングをみせてくれました!!清水さん、ナイピッチです!また、野手も無失策に終わることができました。
しかし同時に見えてきた課題もあったので、残り3試合、反省点を見直して勝てるように頑張っていきましょう。

また、本日は、休波さん、高城さん、藤岡さん、りほさん、かなこさん、さきさんが試合に来てくださいました。お忙しい中、アドバイスや差し入れなどありがとうございました!

今日はお疲れ様でした。しっかり休んで、次の練習に備えましょう!

秋季リーグ戦⑥ vs電通@日工大G

今日は秋季リーグ戦第6戦、対電通戦が日工大Gにて行われました。前回コールド負けを喫した相手に延長11回に及ぶ大熱戦の末、勝利しました。それでは試合を振り返りましょう。

初回、先攻の外語は2番青島がセンター前ヒットにより出塁するものの、フライアウトが続き無得点のまま終えます。

その裏、外語の先発は清水です。先頭そして2番バッターにヒットを許し、ノーアウト1.3塁とピンチを招きます。さらに続くバッターからタイムリーツーベースヒットを浴び、相手に先制点を許してしまいます。その後も犠飛が絡み0-2で、初回を終えます。

5回表、安田がライト前ヒットにより出塁すると、青島のバントヒット、安田の盗塁により1アウト1.3塁とチャンスを迎えます。ここで続くバッターは、今シーズン満塁HRを放った1年生永田です。私達の期待通り、ライト前のタイムリーーヒットを打ち、1-2と点差を縮めます。わたるんナイバッチ!!しかしその後はさらなる追加点を得ることができずにこの回を終えます。

6回表、横田が四球により出塁すると、続く松尾のレフトへのツーベースヒットや四球が絡み、1アウト満塁とチャンスを掴みます。その後四球やパスボールが絡み、ランナー1人生還。2-2と同点に追いつきます。松尾さんナイバッチです!!

しかしその後は両投手の好投が続き、お互いに追加点を得ることができず、延長戦へと突入します。

試合が動いたのは延長11回、岩崎が死球により出塁すると、外語のヒットは出ないものの、ワイルドピッチやエラーが絡み、1点を獲得します!

その裏、なんとしてでも守りきりたい外語。ここまで150球近く投げてきた清水は、先頭打者2人から三振を奪います。その後1本のヒットを許してしまうものの、無得点に抑え3-2で試合終了となりました。

本日は塚本様、休波様がいらしてくださいました。お忙しいなかありがとうございます。

僅差ではあったものの、前回コールド負けを喫した相手から勝利を得ることができました。しかし、課題も多く見つかりました。
今日の試合での反省点をしっかり見直し、明日の試合も勝てるように頑張りましょう!
お疲れ様でした。