カテゴリー: 試合ブログ

9/22 秋季リーグ戦③VS工学院@工学院大学G

本日は秋季リーグ戦第3戦対工学院大学が、工学院大学グラウンドにて行われました。第1試合でしたが、天候を鑑みて11時開始となりました。

[試合結果]
工学院 | 710 010 05 | 14
外語 | 000 400 10 | 5

一回表、外語の先発岩崎は自身の四球、それに続くヒットなどにより、一挙七点を取られます。変わった監督永田が二番三番を抑えますが、今季初の後攻での試合は点差の開いたスタートとなりました。
さらに二回表に一点追加され、無得点のまま迎えた四回裏、外語が反撃に出ます。四番長田、五番田邉がフォアボール、六番松尾がファーストのエラーで出塁し、ノーアウト満塁となります。ここで迎えたこの日先発起用の横田!その期待に応えレフト前ヒットを放ち、一点返します。続く岩崎のピッチャーゴロにより三塁ランナー田邉がホームでフォースアウトとなりますが、なおもワンナーアウト満塁とチャンスが続きます。主将青島が死球を受け押し出しで一点追加、監督永田に打席が回ってきます。結果はショートゴロで6.4.3のダブルプレーかと思いきや、セカンドのエラーにより二点追加、永田自身も一気に二塁を落とし入れます。この回、今春完封に抑えられた工学院から四点をもぎとる猛攻となりました。

六回表をわずか四球で三者凡退に撃ち取った永田は七回裏、左中間方向へツーベースヒットを放ちます。続く濱本が死球で出塁し、三番安田のライト方向へのヒットがさらにキャッチャーのエラーを誘い、一点追加します。

八回表、三者連続ヒット、ホームランなどで九点差とされます。その差を縮められず14対5、八回コールド負けを喫しました。しかし攻撃の面では随所でいい当たりが見られ、あわやホームランかというような打球もありました。
リードや雰囲気などの課題はこれからの試合で改善し、勝利へと繋げていきましょう。また、明日の試合に備え食事と睡眠を各自しっかりと取りましょう。

また本日は三室さんが来てくださいました。試合中の大きなご声援や試合後の細かいご指導ありがとうございました。

お疲れ様でした。

9/17 秋季リーグ第2戦 対文京学院大 @淑徳大学耕心記念グラウンド

本日は土曜日雨天延期となりました秋季リーグ第2戦対文京学院大学戦が行われました。
春季リーグ戦を同リーグの2部で戦った強豪文京学院大に対し、外語は劣らぬ試合展開を見せ、最後は相手を振り切り今季初勝利を挙げました。試合の詳細を確認していきます。

先攻の外語は序盤、相手バッテリーの攻めに対応できず、3回までに1安打とちぐはぐな攻撃が続きます。しかし帰ってきたエース小澤は攻撃の悪い流れをものともせず丁寧に投げ込み、こちらも3回までに内野安打1本に抑える力投を見せます。

試合が動いたのは4回裏、文京学院大の3番4番に連打を浴び、1点を先制されついに試合の均衡が破れます。しかし5回表、7番田邉8番村野の高校の先輩後輩コンビが1死3塁のチャンスを作るとこの日9番に座った主将青島がスクイズを決めて1点をもぎ取り1-1の同点とします。

エース小澤の力投に守備陣が応え、良い流れを作った7回表の攻撃、監督永田がしぶとく内野安打で出塁すると、続く主務濱本が手堅く送り、1死2塁とすると3番に座った前監督安田が地を這うような鋭い中前適時打を放ち、2-1とついに勝ち越します。

7回裏小澤に代わり監督永田がマウンドに上がると満塁の大ピンチを迎えますが、ここで敢えて内野定位置のシフトを敷くと狙い通りの4-6-3の重殺。この間に3塁走者が生還するも2-2の同点で8回を迎えます。

8回の外語の攻撃、5番留学帰りの長田がしぶとく中前に落とすヒットを放つと、下位打線が相手の失策を誘い、3-2と勝ち越します。その裏、メガネを装着し、ギアを入れた監督永田は相手打線を寄せつけず9回の攻撃に繋ぎます。

9回の外語は相手バッテリーの隙をつく走塁、クリーンナップの覚醒で打者一巡の猛攻を見せ、文京学院をノックアウト。終わってみれば10-2の大勝となりました。

本日の試合において外語の守備陣は無失策と守備面での収穫があった一方で、「先攻」を活かしきれないという攻撃面での課題が見られました。明日以降の練習で課題は潰し、収穫を自分たちの強みにしていけるよう精進して参ります。

お疲れ様でした。

2018年秋季OP戦②vs千葉大学@千葉大(西千葉キャンパス)結果:5-5

本日は千葉大(西千葉キャンパス)にて、千葉大とのOP戦が行われました。
結果は最終回に同点にされ、5-5で痛い引き分けとなりました。それでは試合をハイライトで振り返ります。

先攻の外語は6回までに5人の継投でかわされ、無安打と打線が沈黙します。
後攻の千葉大に対して、先発投手の外語2年学生監督の永田航は毎回ランナーを出しながらも前半5回を無失点に抑え、完璧な試合運びを見せます。

流れが変わる整備後の6回、外語は三者凡退に終わったのに対して、千葉大は3四死球1安打、内野のエラーを絡め3点を先制し、遂に試合の均衡を破ります。

しかし直後の7回表外語の攻撃、先頭打者3番永田がチーム初安打で出塁すると、後続も繋ぎ、4回生3年6番松尾の左中間への適時二塁打等で2点を返し、2-3となります。

さらに8回表、先頭打者、台湾大学からの留学帰り4回生3年9番村野が四球で出塁すると、昨季まで監督の1番安田がエンドランで繋ぎ、続く2番主将青島が右前適時打を放ち同点に追い付きます。
さらに3番監督永田も右前打で繋ぎ、一死一三塁のチャンスで4番岩崎岳を迎えます。ここは二塁ゴロに倒れますが、この間に三塁走者青島が生還し、一点を加えます。
二死二塁となり、打者は5番田邉を迎えます。2ストライクと追い込まれ、後がない状況から放った打球は見事中前に落ちる適時打となり、さらに1点を加えます。

しかし後続が続かず、結局この回は3点を加えたところで5-3とリードし最終盤を迎えます。

しかし2点リードの9回ウラ、安打と四球で出塁した走者を右越え三塁適時打で返され、同点に追い付かれ5-5とされます。
なおも二死三塁とサヨナラのピンチが続きますが、三番打者を二飛に打ち取り、5-5の引き分けで試合終了となりました。

本日の試合では主に打撃面で課題が見られました。明日以降の練習で修正していきましょう。

また昨日に続き本日も、中国への留学から帰還した4回生3年の小澤廣夢さんにお越し頂きました。ご指導等ありがとうございました。

8月初頭のOP戦は約一週間で3試合をこなす、J1リーグ戦以上に過酷なスケジュールですが、各々体調管理に気を付け試合に挑んでいきましょう。

本日もお疲れ様でした。

8/1 秋季オープン戦①vs農工大@農工大G

今日は秋季オープン戦第一戦、対農工大戦が農工大グラウンドにて行われました。
結果は8対0と、得点力のある農工大相手に完封負けを喫しました。試合を振り返っていきます。

外語の先発岩崎岳は先頭打者を左飛に抑えるも、続く2番に左前安打、3番に死球を許し一死一二塁となり、4番に適時打を浴び一点を先制されます。

すぐに一点を返したい外語は1番永田が四球も貰うと、2番青島が送り、チャンスを作るも生かせず攻撃を終えます。

2回表、7.8番に連打を浴び無死一三塁から、味方のエラーの間にランナー2人生還、3対0とされます。

4回表、先頭打者に二塁打を許すと、続く打者が適時打を放ち4対0と離されます。エラーも絡んでさらに一点追加され5対0となります。

5回表、岩崎に代わって横田がマウンドに上がると三者凡退に抑えるも、6回表、先頭打者に四球を与えると、暴投、盗塁などが重なり一点を追加されます。

7回から投手は横田から永田へ代わり、7回は無失点に乗り切るも8回表、先頭打者に左前安打を許すとエラー、四球が絡み、さらに二点を追加されます。

なんとか得点したい外語は、相手に四死球も貰い、得点圏に走者を進めるものの、併殺に抑えられる場面が多く、無得点のまま試合終了となりました。

今日は猛暑の中で行われたオープン戦第一戦でしたが、練習の成果を生かしきれず、課題が多く見つかる一戦となりました。
残りのオープン戦はチームとしての方向性を定め、秋季リーグ戦に向けてよい収穫ができるといいですね。課題を克服して試合ごとに同じような反省が減るように、頑張っていきましょう。

お疲れ様でした。

6/17 国公立戦vs学芸大@海洋大G

今日は国公立戦、対東京学芸大学戦が海洋大グラウンドで行われました。
結果は4-9で、大量得点を許してしまい敗戦しました。試合を振り返っていきます。

先攻の外語は一回、走者を出せず三者凡退に倒れます。
一回裏、学芸大の攻撃は先発岩崎(岳)が1、2番を簡単に抑え2アウトとしますが、3、4番に連打を浴び5番打者に四球を与え、二死満塁の状況で6番打者に適時二塁打を許し2点を先制されます。

二回表、先頭の岩崎(岳)が二塁打で出塁し、続く田邉が中前安打を放ち、センターが捕球にもたついている間に岩崎(岳)が生還し1点を返します。更に8番岩本の放ったショートゴロの悪送球の間に田邉が生還、2-2と試合を振り出しに戻します。
しかし二回裏、先頭打者を右前安打で出し、捕手の牽制球を一塁手が後逸し進塁させ無死二塁としてしまいます。続く9番打者は三振に切ってとりましたが1番打者の右前安打、2番打者のライトオーバー二塁打、3番打者の中犠飛で2点を追加されます。

その後外語は五回まで相手投手を攻めあぐね追加点を挙げられず、学芸大には四、五回に1点ずつ追加され五回終了時点で2-6と、じわじわと離されていきます。

六回表、先頭の安田が二塁手のエラーで出塁し、4番岩崎(岳)が中前安打でチャンスを拡大させ、5番田邊が犠打で走者を進め一死2、3塁となります。続く6番松尾は二ゴロに倒れますが7番横田の二塁強襲ヒット(エラー?)により2人生還、4-6とします。
六回裏、先頭打者と続く2番打者を打ち取りましたが3番打者を左前安打で出塁させると4番打者に本塁打を浴び、2点を追加されます。

八回裏、投手は永田へと代わり、こちらも2アウトまでは順調に投球していましたが4番打者に本塁打を打たれ、1点を追加されます。

九回表、なんとか追いつきたい外語は先頭8番岩本を死球で出塁させますが、続く9番濱本の一直併殺で二死、1番永田も見逃し三振に倒れ4-9で試合終了となりました。

二年永田が監督に就任してから初めての試合でしたが、采配には混乱もなく試合自体は単純に力の差で負けたというような内容でした。同リーグ2部の格上とはいえ1、2年生主体の学芸大に対してあまり自力で得点できず長打を多く許してしまい、個々人の能力不足を実感しました。
試合後のミーティングでは実際に起きたプレーの話だけでなくプレーに入る前の声や頭の働かせ方、ポジショニングなど今後に繋がる指摘が多く出て実のあるものとなりました。練習に反省を活かしていきましょう。

また今日は戸倉さん、大澤が来てくださいました。差し入れなどありがとうございました。

お疲れ様でした。