カテゴリー: 試合ブログ

6/17 国公立戦vs学芸大@海洋大G

今日は国公立戦、対東京学芸大学戦が海洋大グラウンドで行われました。
結果は4-9で、大量得点を許してしまい敗戦しました。試合を振り返っていきます。

先攻の外語は一回、走者を出せず三者凡退に倒れます。
一回裏、学芸大の攻撃は先発岩崎(岳)が1、2番を簡単に抑え2アウトとしますが、3、4番に連打を浴び5番打者に四球を与え、二死満塁の状況で6番打者に適時二塁打を許し2点を先制されます。

二回表、先頭の岩崎(岳)が二塁打で出塁し、続く田邉が中前安打を放ち、センターが捕球にもたついている間に岩崎(岳)が生還し1点を返します。更に8番岩本の放ったショートゴロの悪送球の間に田邉が生還、2-2と試合を振り出しに戻します。
しかし二回裏、先頭打者を右前安打で出し、捕手の牽制球を一塁手が後逸し進塁させ無死二塁としてしまいます。続く9番打者は三振に切ってとりましたが1番打者の右前安打、2番打者のライトオーバー二塁打、3番打者の中犠飛で2点を追加されます。

その後外語は五回まで相手投手を攻めあぐね追加点を挙げられず、学芸大には四、五回に1点ずつ追加され五回終了時点で2-6と、じわじわと離されていきます。

六回表、先頭の安田が二塁手のエラーで出塁し、4番岩崎(岳)が中前安打でチャンスを拡大させ、5番田邊が犠打で走者を進め一死2、3塁となります。続く6番松尾は二ゴロに倒れますが7番横田の二塁強襲ヒット(エラー?)により2人生還、4-6とします。
六回裏、先頭打者と続く2番打者を打ち取りましたが3番打者を左前安打で出塁させると4番打者に本塁打を浴び、2点を追加されます。

八回裏、投手は永田へと代わり、こちらも2アウトまでは順調に投球していましたが4番打者に本塁打を打たれ、1点を追加されます。

九回表、なんとか追いつきたい外語は先頭8番岩本を死球で出塁させますが、続く9番濱本の一直併殺で二死、1番永田も見逃し三振に倒れ4-9で試合終了となりました。

二年永田が監督に就任してから初めての試合でしたが、采配には混乱もなく試合自体は単純に力の差で負けたというような内容でした。同リーグ2部の格上とはいえ1、2年生主体の学芸大に対してあまり自力で得点できず長打を多く許してしまい、個々人の能力不足を実感しました。
試合後のミーティングでは実際に起きたプレーの話だけでなくプレーに入る前の声や頭の働かせ方、ポジショニングなど今後に繋がる指摘が多く出て実のあるものとなりました。練習に反省を活かしていきましょう。

また今日は戸倉さん、大澤が来てくださいました。差し入れなどありがとうございました。

お疲れ様でした。

5/26 春季リーグ戦⑩vs工学院@日工大G

昨日は、春季リーグ戦最終戦、対工学院大戦が日工大グラウンドにて行われました。
結果は6-0と悔しい敗戦でした。それでは試合を振り返ってまいります。

外語の先発永田は初回、先頭打者に四球を許すと、続くバッターの進塁打で1死二塁とされ、味方の失策で1点を先制されます。
その後5番打者のヒットで2点目を許すかと思われましたが、センター加藤の見事なバックホームで得点を阻止し、1-0で一回表を終えます。

続く一回裏、一年生稲葉がセンター前ヒットで出塁しますが、チャンスを活かせません。

1-0で迎えた四回表。先頭打者に二塁打を許すと、続くバッターは打ち取るものの、二者連続四球でピンチを広げ1死満塁とされます。犠飛で1点を追加されると、9番バッターにも適時二塁打を許して、4-0と突き放されます。

一方の外語は打線が沈黙、なかなか得点圏にランナーを置くことができません。

五回表、1死一、二塁の場面で、永田は岩崎(岳)へマウンドを譲ります。岩崎は先頭打者に四球を許すと、次のバッターの内野ゴロの間にランナーが一人生還、5-0とされ、この回を終えます。

その後は工学院打線にヒットを許しながらも一年生捕手田邊はこの日3つめの盗塁刺を見せ、練習していた挟殺プレーでもアウトを取ることができ、固い守りで追加点を許しません。

5-0で迎えた九回表、先頭打者の二塁打を浴びると死球、レフト前ヒットで1死満塁とされ、続くバッターの内野ゴロの間にランナーが一人生還、6-0とされます。

このままでは終わりたくない外語でしたが、最後まで相手ピッチャーを打ち崩すことができず、6-0のまま試合終了となりました。

春季リーグ戦最終戦ということで、集大成となる試合を目指して練習してきましたが、結果は6-0と決して満足のいくものではありませんでした。特に攻撃では二安打に抑えられるなど、大きな課題が見つかりました。一方守備では無駄な進塁を許さず成長も見受けられました。
秋リーグに向けた0試合めと考え、夏の練習では課題を一つ一つ克服していきます。

春季リーグ戦の結果は4勝5敗1分となりました。ご声援ありがとうございました。

5/19 春季リーグ戦vs電機大@淑徳大G

今日は春季リーグ戦第9戦、対東京電機大学が淑徳大耕心記念グラウンドにて行われました。結果は10対5、最終回に逆転し勝利を果たし、今季4勝目を収めました!
それでは試合を振り返ってみます。

一回表、外語の攻撃。二本のヒットが出ますが得点には繋がずこの回を終えます。

一回裏、外語の先発は前回好投を見せた岩崎岳。一番打者に内野安打を許すと、四球、暴投が絡み無死二.三塁から適時打を浴び一点を先制されます。さらに犠飛により一点を追加されます。

しかし二回表、八番岩本がセンターへのヒットを放ち、盗塁を決めると相手の失策でそのままホームに帰還。一点を返し1対2とします。いわもつナイバッチ!!

二回裏、 五球で二死を取るも、その後二本の安打、盗塁を許し、味方の失策によって一点追加を許します。

一点を取り合う攻防の中で、その後ヒットは出るものの、両者追加点を得ることができずに五回までを終えます。

試合が動いたのは六回でした。
六回表、一死から五番田邊が左方向へのヒットを放ち、相手の牽制エラーで三塁まで進塁すると、続く松尾のセンター方向への適時打で一点を返し2対3と一点差に詰め寄ります。べっち、松尾さんナイバッチです!

しかしその裏、先頭打者に四球を与えると、続く七番打者がフルカウントから放った打球は風に乗ってセンターを超えツーランホームランとなり、2対5とされます。さらに八.九番打者に安打を許し尚も無死一.二塁のピンチの場面で岩崎弘治がマウンドに上がります。
岩崎(弘)はピンチを抑え、追加点を許さずこの回を最小失点で乗り切ります。

八回表、一死から六番打者松尾が三塁打を放つと、続く安田の二ゴロの間にホームへ帰還。3対5と二点差に追い上げます。松尾さんナイバッチです!!

続く、九回表。外語は最後の猛攻を見せます。先頭濱本が内野安打で出塁、続く加藤がセンターへ安打を放ち、二番青島が四球をもらい無死満塁、最終回にして最大の好機で打席に立ったのは永田。逆転の期待がかかる中で二球目を捉えた永田の打球は右中間を破る適時二塁打!!5対5同点に追いつきます。
尚も一死二.三塁のチャンスで田邊が相手のフィルターズチョイスを誘い、さらに一点を追加、ついに勝ち越します。外語の勢いは止まらず続く松尾が本日4本目の安打を放ち一点を追加し相手投手を降板させます。投手が変わって打席に立った監督安田、流れを切らさず適時三塁打!ランナー二人生還、9対5とリードを広げます。続く岩崎(弘)がスクイズ成功、さらに一点を追加、この回一挙7得点のビッグイニングとなります。皆ナイバッチです!

五点のリードを奪い迎えた九回裏。
先頭を右飛に打ち取ると、続く打者に安打を許すも最後に守備が光り、5-4-3の併殺に打ち取り10対5で三死試合終了となりました。

今日はリーグ戦も終盤で貴重な一勝を上げることができ、今季4位以上、2部残留が確定しました。
なかなか打線がかみ合わない苦しい展開の中でしたが九回まで良い雰囲気を維持し、ついに打線が爆発、岩崎(弘)は好リリーフ見せ逆転勝利を引き寄せました。九回までの流れとしては反省すべき点が多く挙げられたので最終戦に向けて調整していきましょう。

また今日は三室さんがいらっしゃいました。お忙しい中遠いところ来て下さり、アドバイス等有難うございました。

次回は5/26(土)対工学院戦が日工大グラウンドにて行われます。今季最終戦となります。勝利で締めくくれるように一週間頑張っていきましょう!

お疲れ様でした!

5/13春季リーグ戦⑧vs日工大@工学院大G

今日は春季リーグ戦第8戦、対日工大が工学院大学グラウンドにて行われました。結果は前回コールド負けを喫した日工大相手に3対1の接戦を制し、3勝目を収めました!
それでは試合を振り返ってみます。

外語の先発は昨日好投を見せた岩崎岳。
一回裏、二つの空振り三振を奪い日工打線を三者凡退に抑え、完璧な立ち上がりを見せます。

二回表、岩崎の好投を援護したい打線が繋がります。二死に追い込まれてから捕手として大活躍中の一年田邊が初球を仕留めて左中間へ二塁打を放ち、チャンスで続くバッターは監督安田。一本が欲しい場面でフルカウントからセンター方向へ適時二塁打を放ち一点を先制します!さらに続く八番岩崎(弘)のライト方向へ適時二塁打でさらに一点追加、2対0とします。
トリプル二塁打で外語ベンチは盛り上がりを見せ、流れを引き寄せます。べっち、いつきさん、こうじくんナイバッチ!

三回裏、ここまで日工大打線を無安打に抑えた岩崎岳が一死から一番打者にヒットを許し、二番の犠打で二死二塁とされます。続く三番に左方向への適時打を浴び一点を返されるも、四番を遊ゴロに打ち取りリードを守ります。

三、四回表は三回から登板の相手投手を攻略できず、上位打線が三者凡退に倒れます。

しかし迎えた五回表。下位打線が相手投手を打ち崩しにかかります。一死から前打席で適時二塁打の岩崎(弘)が左方向へのヒットを放つと、続く岩本も左方向へのヒットで一死一、二塁のチャンスを作ると打席には一番加藤。二球目を捉え、右中間への適時二塁打で一点を追加!3対1とリードを広げ、投手を援護します。
こうじくん、いわもつ、加藤さんナイバッチです!

日工打線に対して岩崎岳が安定したピッチングを見せ、八回までわずか五安打一失点で追加点を許しません。しかし、一方で外語打線も後半は得点圏にランナーを置くものの追加点を得ることが出来ません。

両者一歩も譲れない展開の中で3対1のまま迎えた九回裏。先頭打者を中飛に打ち取るも続く打者に四球を与え、次の七番バッターを空振り三振に抑えた間に二盗塁を許し、二死三塁とされます。続く九番バッターに対しカウント3-1から最後は遊ゴロに打ち取り三死試合終了となりました。

リーグ首位をキープしていた日工大相手に投打がかみ合い三勝目を掴むことができました。
今日の試合では、これまで制球に苦しんでいた岩崎岳が抜群の投球を見せ九回一失点で完投勝利を収めたことに加えて下位打線の活躍が光る一戦となりました。守備も固く良い雰囲気のまま九回まで進み、今までの反省を生かした試合展開となったと思います。

リーグ戦序盤は投打ともに不調で一勝が遠い状態でしたが、終盤に差し掛かって連戦を引き分け、勝利という形で終えることができ、日々の練習の成果を実感することができたと思います。ただ、二.三塁としてから得点に繋げられないなど反省も見られたので一週間で修正できる点は修正していきましょう。

また、本日は天野さん、風間先生、福田さんが来て下さいました。遠いところ有難うございました。

次回は5/19(土)対電機大戦が淑徳大グラウンドにて行われます。春季リーグ戦も残り二試合となりましたが、良い形で締めくくれるように頑張りましょう。

連戦お疲れ様でした!

5/12春季リーグ戦⑦vs理科大@日工大G

本日は春季リーグ戦第7戦、対理科大が日本工業大学グラウンドにて行われました。
結果は7対7と、延長11回に渡るシーソーゲームを惜しくも引き分けに終えました。
それでは試合を振り返って行きます。

一回表、一死から2番に四球を与え、続く3番、4番に連続ヒットを許し、1点を先制されます。
しかし二回表、先発岩崎(岳)は理科打線を三者凡退に抑え、その裏自ら二塁打を放ち、チャンスを掴みます。二回裏一死二塁、7番岩崎(弘)が適時二塁打を放ち同点に追いつきます。W岩崎ナイバッチ!!

三回表、先頭打者に二塁打を浴びると、犠打、四死球、失策が絡み2点を許します。
しかし、続く四回、五回は岩崎(岳)が好投を見せ、無失点に抑えます。

五回裏、ここで岩崎の好投に外語打線が応えます。
一死二塁から2番青島が四球を貰うと、3番永田のライトへの適時打で1点差に詰め寄ります。

六回裏、外語が流れを引き寄せます。監督安田が四球で出塁すると、続く岩崎(弘)、田邉、岩本が三者連続バントヒットを決め、1点を返します。
さらに加藤が四球を貰い、1点追加、3対4で勝ち越します。
続く青島の犠飛でさらに1点追加、なおも一死一、二塁のチャンスの場面。ここで打席に立ったのは3番永田。本日二回目となるライトへの適時打を放ち、この回は4点を追加。六回3対6と3点リードとなります。

しかし八回表、六回から登板の岩崎(弘)が理科打線に捕まります。一死から単打、四球と続き、一死一、二塁。その後二死まで抑えるも、2番バッターにレフトへのヒットを許し、二死満塁のピンチを招きます。続く3番打者にまさかの満塁ホームランを浴び、一挙に4失点。逆点を許してしまいます。しかし、ここから外語は粘りを見せます。

九回裏、一死から岩崎(弘)、田邉、岩本のバントヒットトリオが四球を貰い、続く加藤が死球、押し出しにより1点を追加。一打サヨナラのビッグチャンスでしたがチャンスを活かすことができず、延長戦へと縺れ込みます。

1点を争う接戦の中、岩崎(弘)が力投を見せ、十回、十一回を無失点に抑えます。

運命の十一回裏、先頭の田邉が死球を貰い出塁し、続く代打横田が送りバントを決めるも、1番、2番が二者連続凡打に打ちとられ、時間規定により、十一回7対7で試合終了となりました。

引き分けとはなりましたが、前回コールド負けを喫した理科大に対し、接戦を繰り広げることができ成長を感じることができた試合となりました。しかし、残塁が多く満塁などのチャンスを得点につなげることができず、勝利まであと一歩、悔しい一戦となりました。

明日は春季リーグ戦第8戦、対日工大が工学院大グラウンドにて行われます。連戦となるので、今日の疲れを明日に持ち込まないよう、しっかりと休みましょう。また、今日の悔しさを糧に、気持ちを切り替えてがんばりましょう!

お疲れ様でした!