6/17 国公立戦①VS首都大

本日は、国公立戦第一回戦対首都大学東京戦が、首都大学グラウンドで行われました。

一年生、二年生が中心の新チームで挑んだ初めての試合でしたが、格上の首都大相手に7-3と破れ、国公立戦は初戦敗退という結果になってしまいました。それでは、試合を振り返っていきましょう。

先攻外語の先発は、アンダースローの一年生岩崎です。ヒットを許し先制点を奪われるも、なんとか一失点に抑えます。
その裏、攻撃を長くし流れを引き寄せたい外語でしたが、相手の先発渡辺の前に三者凡退で終わってしまいます。

1-0のまま迎えた二回裏、四死球や相手のミスが出ると、一年生横田のバントで塁を進め、大滝のショートゴロの間にランナーが1人生還、1-1となんとか追いつきます!

三回裏には青島、永田と一年生のヒットで塁を埋め、清水の内野ゴロの間にさらに1点を追加、ついに格上の首都大相手に勝ち越します。青島くん、わたる、ナイバッチ!

1点のリードを守りたい外語ですが、四回表、連打や四死球で2点を奪われ、3-2と逆転を許してしまいます。

流れを引き戻したい外語は、五回裏、死球や相手のエラーで塁に出ると、青島がヒットでチャンスを広げ、なんとか1点を返します。青島くんナイバッチ!しかし打線が繋がらず、これ以上の追加点を得られません。

対する首都大は、6回表に2点を追加し、5-3と外語を突き放します。
その後外語打線は沈黙し、対する首都大も岩崎に代わった清水相手に一安打に抑えられます。

5-3のまま迎えた最終回、外語のピッチャーは、公式戦初登板の永田です!先頭打者をサードゴロに打ち取るも、制球が定まらず、守備の乱れもあって、7-3と差を広げられてしまいます。
その裏、先頭打者大滝がヒットで出塁しますが(たーナイバッチ!)、打線が繋がらず、7-3で試合終了となりました。

本日の試合は、これまで出場機会の少なかった選手も試合に出ることができ、6回を投げた岩崎はもちろん、青島、永田のヒットや、横田のバント、岩本の公式戦初捕球など、一年生も活躍しました!
それと同時に、守備・攻撃ともに課題が数多く見つかり、今後の練習、試合につながる良い機会となったと思います。

試合で疲れた体をしっかり癒して、次の練習に臨みましょう。おつかれさまでした。

Like

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です