3/14 春季リーグ戦⑧vs工学院@工学院G

更新遅れて申し訳ございません。

昨日は春季リーグ戦第8戦、工学院大学との試合でした。打線がなかなか続かず、5-1で敗れるという悔しい結果に終わりました。

1回表、外語の先発は小澤です。先頭バッターにデッドボールを許すと、そのまま左中間のタイムリーツーベースヒットを許し、ランナー1人生還。先制点を奪われます。

3回表、3番バッターにピッチャーの強襲ヒットを許すと、続くバッターにもライト前ヒット、犠牲フライを許しさらに1点を追加され、2-0と点差を広げられます。

なんとか点を取りたい外語は6回裏、4番の長田がデッドボールで出塁すると、監督松尾がこの試合外語の初ヒットとなるピッチャーへの強襲ヒットを打ちます。デッドボールなどが絡み、2アウト2.3塁までもっていきますが、その後は打線が続かず無得点のままこの回を終えます。

7回表、ピッチャー小澤が2回のデッドボールとレフト前ヒットを許すとノーアウト満塁のピンチとなります。ここで小澤に代わって藤岡が登板します。最初のバッターにフォアボールを許し押し出しにより1点を取られると、続くバッターには左中間のタイムリーヒットを許し、この回で3点を追加されてしまいます。

そして迎えた最終回。なんとしても無得点で抑えたい外語は、ここで藤岡に代わり期待の新人、アンダースローの岩崎の登板です。抜群のコントロール能力で見事相手を無得点で抑え、攻守交代となります。

一方の攻撃。ここで5点以上を取らないと負けてしまう外語は、先頭バッターの清水がライト前ヒットを打ちます。そして代打大滝がデッドボールで出塁すると、村野のレフト前タイムリーヒットによりようやく1点を獲得します。清水さん、村野さんナイバッチ!!
しかしその後はヒットも出ず、5-1で敗れ試合終了となりました。

この試合はほとんどが四死球で出塁し、ヒットの非常に少ない試合となってしまいました。各自が自分のスイングを見直したり、相手チームの情報共有をもっと行い、残り2戦、絶対に勝利を勝ち取りましょう!!

そしてこの日は、加藤さん、よしきさん、1年生の岩脇くんが来て下さいました。アドバイスやノック等ありがとうございました!

お疲れ様でした。

Like

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です