4/30 春季リーグ戦(6)対電通大 @工学院大G

春季リーグ戦第6戦対電通大戦、結果は11-8と敗れました。
1回表、先発の小澤は2番バッターを歩かせるもそれ以外はしっかりと抑え、まずまずの滑り出しです。

その裏外語の攻撃。二死二三塁のチャンスで5番永田のセンター前タイムリーヒット!中継の乱れもあり一気に2人生還、続く長田はしっかり選び一二塁から清水のタイムリーツーベーヒットで一気に2人生還初回から4点と猛攻を見せます。

しかし3回表、先頭にサード強襲を浴び、そのまま二死三塁とされるとセンター前タイムリーヒットで生還。1点返されます。

その裏の攻撃、4番松尾がツーベースヒットで出ると、二死三塁から長田のタイムリーツーベーヒットで松尾が生還、守備の乱れもあり一気に三塁まで進んだ長田はまたもや清水のタイムリーで生還、この回2点を得、1-6と差を広げます。

4回表、2つの四球と、ヒットで一死満塁のピンチ。ここでキャッチャーが捕逸しランナーの生還を許すもこの回は何とか1点で凌ぎます。

5,6回は無得点の投手戦となりますが、7回に試合が動きます。小澤に代わって登板した藤岡が電通大打線につかまります。先頭にデッドボールで出塁を許すとそこから2本のヒットで一死満塁のピンチ。ここでタイムリーツーベースヒットを浴びランナー2人生還。依然として一死二三塁のピンチで続くバッターのセカンドゴロからホームタッチアウトを狙いますがランナー見事ホームイン。この苦しい場面で続くバッターの打席で暴投、その間にもう1人生還とことごとく崩れこの回で4失点一気に同点とされます。

巻き返したい外語ですがこの回では無得点。対して8回表、電通大は勢いそのままに一死からエラーで出塁すると続くバッターのタイムリーツーベースヒットで生還。藤岡が続くバッターを歩かせ、一死二三塁となったところで清水が登板します。1人目のバッターに対し放った高めの3球目を見事に打ち返されスリーランホームラン。この回にも4点を失い10-6と離されます。

裏の攻撃、流れを変えたい外語、この回の先頭5番の永田がツーベースヒットで出ると、続く長田もエラーで出塁、無死一三塁からここまで3打点の清水、ピッチャー直撃の強襲ヒットを放ちランナー1人生還。この打球で負傷したためピッチャー交代となります。次の橋本は落ち着いて送り一死二三塁。この場面で打席に立ったのは代打大滝。気概で放ったライト前タイムリーヒットで1人生還!このまま流れを引き寄せたいところでしたが続くバッターのセカンドゴロは相手の好守備によりダブルプレー。この回は2点に終わります。

迎えた9回。電通大はだめ押しの1点を加え11-8。3点を追いかける外語、この回から登板したピッチャーに対し、二死からしぶとくエラーで出塁するも最後はピッチャーゴロ。最大5点差をひっくり返されゲームセットでした。
4連勝中、かつ、この試合中も5点差があったにも関わらず敗れました。しかし、苦しい場面での下級生の粘りを見せたバッティングは残りの4戦にむけて期待の持てる素晴らしいものでした。今期も終盤に差し掛かっています。もう一度気を引き締めて1プレーを大切にしましょう。

今日も加藤さんに来ていただきました。ノック、的確なアドバイスいつもありがとうございます。

お疲れ様でした。

Like

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です