4/29春季リーグ戦(5)vs文京学院大@日工大G

今日は春季リーグ戦第5戦VS文京学院大@日工大グラウンドでした。前回負けた相手でしたが、今回はその雪辱をはらす見事な勝利を納めました。

先攻の外語は初回、三番安田が二死からヒットで出塁すると、四番松尾がセンター前、これをセンターが後逸している間に安田が一塁から激走し一気にホームイン!幸先よく先制します!
松尾安田ナイスバッチ!安田よく走った。

しかしその裏、先頭打者にいきなり中越二塁打を許すと、三番がきっちりセンター前タイムリーヒットですぐさま追いつかれます。

取られたら取り返すと二回、外語は先頭長田が二塁打で出塁すると、続く清水のバントでピッチャー悪送球、無死一三塁のチャンスを作ります。
続く橋本がきっちりスクイズを決め、一点、さらに一番大塚の内野ゴロの間に一点を追加し、3-1とリードを広げます。

両者追加点を与えぬまま試合は6回表外語の攻撃、永田長田の連続ヒットで無死一、二塁のチャンスを作ると、7番清水が守備の意表をつくバスターでセカンドの横を抜きセンター前、これをセンターがまたも後逸、その間に一塁ランナー長田が激走ホームイン!初回と同じパターンで2点を追加します!ベーランの成果が出ています!ナイバッチナイスラン!ここで文京は前回先発で素晴らしいピッチングで外語打線を抑えたエース畔上を投入。対するは橋本、代田の8.9番。橋本は畔上の130km/hを超えるボールをいとも簡単にバントで転がしランナーを送ると、続く代田もキレイにスクイズを決め、エース畔上から一点を奪取します。二人ともナイスバント!

6-1とリードを広げた外語は最終回、8回から登板している清水が制球を乱し3点を取られますが、そのまま逃げ切り。6-4で勝利を飾りました。
最終回に四球から失点こそしたものの、大きなミスもなく安定したゲーム運びができたと思います。ヒットも出てバントがしっかり決まり、ピッチャーは安定した投球で、いい試合だったのではないでしょうか。欲を言えば畔上からもう一点取りたいところでした。また、フライアウトもやはり依然として多いです。しっかりと強い打球を転がしましょう。

 

今日の試合には加藤さんが来てくださいました。いつも的確なアドバイスありがとうございます!

 

明日は電通戦です。しっかり休んで明日の試合に備えましょう。明日も勝ちましょう!!

 

本日はお疲れ様でした。

Like

One comment

  1. 安田樹の祖父です。今年の外大野球は素晴らしいゲームをしていますね。練習の成果が出たと思います。更なる勝利を期待します。ガンバレ外大!

Join the Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です