4/16 春季リーグ戦(3)vs電機

 

今日は春季リーグ戦第3戦、東京電機大学戦でした。完璧な投手リレーにより3-0と完封勝利を収めることができました。

守備では初回、先発の小澤が先頭バッターにフォアボールを許すもショート大塚の見事なプレーによりピンチを切り抜け無失点で終えます。
その後、小澤の好投により2回と3回を三者凡退で切り抜け、4回にはエラーによる出塁や盗塁があったものの相手に得点のチャンスを与えません。

一方攻撃では、初回に村野が右中間へのツーベースヒットを放ち、続く安田のショートゴロで三塁まで進みさっそくチャンスをつかみますが、長田がレフトにファールフライをあげチャンスを活かせません。

しかし2回裏、先頭バッターの松尾がレフトへツーベースヒットを放つと、続く永田がサード内野安打、清水がレフト前ヒットを放ち、一点を先制します。3人ともナイバッチ!!
この流れに乗って追加点が欲しいところでしたが、後が続かず1点にとどまります。

3回には安田がセンター前ヒットで出塁し、盗塁とパスボールにより三塁まで進むと、松尾がレフト前のタイムリーヒットを放ちまたもや一点を奪います。
更に4回、フォアボールやピッチャーのエラーにより追加点を奪います。

しかし5回に相手ピッチャーが竹内に代わると、三振やフライアウトが目立ち中々追加点が取れません。
8回表、小澤に代わった藤岡は先頭バッターにヒットを許し、ファーストのエラーも絡み相手にチャンスを与えてしまいますが、その後の好守より悪い流れを作らず無失点に抑えます。

9回表、藤岡に代わった清水も危なげないピッチングで相手打線を無失点に抑え、試合終了となりました。

今回の試合はピッチャーの好投に大きく助けられ勝利を掴むことができましたが、もっと点を取ることができた試合だったように思います。
反省点としてはフライをあげすぎてしまったことや盗塁を積極的に行えなかったことなどがあげられます。これらの反省を今後の試合や練習に活かしていきましょう。

今日の試合には加藤さんと風間先生が来てくださいました。いつもノックやアドバイス等、ありがとうございます。

この連戦で2勝することができ、今のところ2勝1敗です。このいい流れを繋いでいけるように頑張っていきましょう!

お疲れ様でした!

Like

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です