4/15 春季リーグ戦(2)対工学院@日工大G

昨日は、春季リーグ戦第二戦、対工学院戦が日工大グラウンドで行われました。
結果は10-6と、外語が乱打戦を制し、今季初勝利を挙げました!

先攻の外語は、一回表、先頭打者の大塚がライト前ヒットで出塁すると、村野がバントでチャンスを広げ、松尾のヒットでランナーが1人生還、先制点を得て1-0とします。
その裏、先発小澤は相手を三者凡退に抑えます。

三回表、安田がスリーベースヒットで出塁、相手のパスボールの間に一点を追加します。
次のバッターが四球を選び、ノーアウト1塁です。バッターは5番松尾。カウント1-1の3球目、レフト方向へ放った打球は伸びて、なんとそのままレフトスタンドへ!入りました!ツーランホームランです!!
続く清水もツーベースヒットで出塁し、大滝、橋本のバントで生還、外語はこの回4点を追加し、5-0としました。

この裏、二本のシングルヒット、二つの盗塁を許し一点を返され5-1となりますが、これ以上の点は与えず、この回を終えます。

4回表、村野はレフト線へのヒットで出塁すると、続く安田の右中間へのヒットで生還、6-1とします。
この裏相手に2点を許すも、小澤にかわった藤岡が抑え、6-3で4回を終えます。

このあと外語はなかなか追加点を得られませんが、5回、7回に1点ずつ追加点を許し、6-5と一点差まで詰め寄られます。

8回表、追加点を得て差を広げたい外語は、先頭の大塚が左中間ヒットで出塁、続く村野のバントでワンアウト二塁とすると、続くバッターは代打永田!先日入部した期待の新人です。ボールを選んだあとの2球目は、ライトの頭を越えるツーベースヒット!!安田が生還し一点を追加します。
さらに松尾の内野安打で永田が生還し、8-5と点差を開きます。
この裏、藤岡にかわった清水は二本のヒットと味方のエラーで一点を返され8-6となりますが、これ以上の失点を許しません。

9回表には、藤岡がヒットで出塁すると、相手のエラーや代田のバントでワンアウト二、三塁とし、大塚、村野のヒットでランナーが2人生還、10-6と、相手を突き放します。
この裏、清水が相手を三者凡退に抑え、試合終了となりました。

この日は打線がつながり、10点を取ることができました。みなさんナイバッチでした!
しかし、エラーは目立たないものの、小さなミスがいくつかあり、6点を取られたというのは一つの課題です。今日の試合とあわせて、反省点は今後の練習で修正していきましょう!

また、この日は加藤さんが来てくださり、差し入れもしてくださいました。ありがとうございました!今後ともご指導よろしくお願いいたします。

おつかれさまでした。

Like

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です