4/8春季リーグ戦第1戦vs文京学院大学

ブログ拝見ありがとうございます。今日は、2017年春シーズン開幕戦、VS文京学院大@日工大グランドでした。どんよりとした天気とは裏腹に、一点を争う熱い投手戦となりました。

外語の先発はエース小澤。初回、大会のプレッシャーからか守備が乱れ、早々に一点を失いますが、その後はエースが奮闘し、5回までほぼパーフェクトに文京打線を封じ込めます。本当にナイスピッチ小澤!
文京の先発は、昨年四部投手部門三冠王の畔上。評判通りの好投手で、外語打線から三振の山を築きます。

両エースの投げ合いが続く中、試合が動いたのは6回。疲れの見え始めた小澤は一死から連打を浴び、一、二塁となります。文京学院大はここでバスターエンドラン。これが見事に決まりライト前となり、2塁ランナー一気にホームイン、二点目を奪います。これ以上の失点は許されない外語は、昨季幾多の危機的場面で完璧なリリーフを見せ続けた左のリリーフエース藤岡を投入。一死一、三塁の大ピンチにも関わらず、今季も落ち着いていました。美しい一塁牽制でランナーをひとりを殺すと、昨季の調子そのままに打者を打ち取り、最少失点でこの場面を切り抜けます。さすがです藤岡さん!

なんとか食らいつきたい外語はその裏、一死から安田が粘って四球で出塁すると、続く大塚はフルスイングバントヒット!ラッキーな形で一死一、二塁のチャンスを作ります。二人ともナイスです!
迎えるは3番左の大砲清水。期待のかかる場面でしたがなんとピッチャーゴロ。ゲッツーの万事休す、、かと思いきや、ピッチャー畔上2塁に悪送球、その間に安田が還り、一点差とします!
しかし畔上、続く四番五番をぴしゃりと抑え、追加点を許しません。

その後は両投手ランナーこそ出すも要所を締め、1-2のままとうとう9回最後の攻撃へ。
なんとか同点にしたい外語でしたが、簡単に二死をとられます。村野が意地の内野安打で出塁するも後続続かず。手に汗握る投手戦は、畔上に軍配が上がりました。
反省点としては、守備の乱れがあげられます。小澤、藤岡両投手が無四球でヒットもほとんど打たれず好投しているだけに、非常にもったいないと思います。
次に、打線の沈黙具合です。いくら好投手とはいえ、三振が多すぎます。ミーティングで出たような対策をしっかり練習していきましょう。

シーズン初戦を落としたとはいえ、残り9試合あり、まだまだ挽回可能です!この悔しさを忘れず、苦い思いをバネに、また練習していきましょう!
また今日の試合には森先生、風間先生、加藤さん、戸倉さんがいらしてくれました。寒い中ありがとうございます。次は勝ったところを見せられるようチーム一丸となって頑張ります。応援宜しくお願い致します。
新入生の勧誘もありシーズンもありと大変ではありますが、全員で頑張って二兎追って二兎得ましょう!

本日はお疲れ様でした。

Like

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です