3/25 春季オープン戦⑤vs東京海洋大学@東京海洋大学G

昨日は、春季オープン戦第五戦、対東京海洋大戦が東京海洋大グラウンドにて行われました。結果は6-3と、リーグ戦開幕前最後の試合で勝利を収めることができました。

先攻の外語は一回表、2つの四球と松尾のセーフティーバントで、1アウト満塁とします。続くバッターが三振に倒れ2アウト満塁、バッターは6番大滝です。この打席、大滝は初球を打ちセカンドに転がします。前日の雨で足場が悪く、この間にランナーが2人生還。2-0と先制点を得ます。
その裏、外語の先発小澤は先頭打者からツーベースヒットを浴び、死球やバントで塁が埋まります。このあと相手のヒットで1点を与え、2-1となりますが、追加点を許さずこの回を終えます。

二回表、外語の打順は8番橋本からです。代田がヒットで出塁すると、相手の四死球や捕逸が続き2点を追加、4-1としこの回の攻撃を終えます。

互いに点を与えないまま迎えた四回表、外語の攻撃は2番安田からです。2つの四球と相手のエラーで塁を埋めると、7番小澤のタイムリーツーベースヒットでランナーが2人生還、6-1とします。小澤さんナイバッチです。

試合が動くのは五回裏、海洋の攻撃です。先頭打者にヒットを許したあと2アウトとするものの、エラーや相手の連打、暴投で2点を与えます。これ以上の追加点は許さなかったものの、6-3と点差3点に詰め寄られます。

このあと両チームとも打線が沈黙します。追加点の欲しい外語は、長田のツーベースヒットや盗塁、村野・橋本のバント、清水のヒットでチャンスは作るものの、打線が繋がりません。守備では7回から清水が登板し、三回無失点に抑えます。
両チームこのまま追加点が入らないまま試合は終了、6-3で勝利を収めました。
第一に、オープン戦最終戦で勝利を収めることができたのは、大きなことでした。
また、前回の試合の反省を活かし、フライアウトを避け、内野への打球で塁を進めることができました。バントを効果的に使いランナーを進めることができたのも大きな収穫です。
小澤、清水両投手の投球は安定し、四死球の少ないままストライクを取ることができました。

しかし、五回以降無得点に終わってしまい、あと1点が取れなかったことは、課題の一つです。バッティング練習を続け、得点力を上げていきましょう。

本日の試合には、戸倉さんが応援に来て下さいました。試合後のアドバイスなど、ありがとうございました!また来てくださるのを楽しみにしています。
4/8(土)の春季リーグ戦初戦(対文京)まで、2週間を切っています。限られた時間ではありますが、五回のオープン戦を通して見つかった課題を少しでも多く克服し、リーグ戦に臨みたいです。一回一回の練習を大切に、集中して挑みましょう。

さらに、この日は今年度卒業なさった美沙さん、まっきーさん、加藤さん、戸倉さんをお呼びし、追いコンを行ないました。たくさんの貴重なお話やご指導ありがとうございました。また練習や試合を見に来ていただけたら幸いです。

Like

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です