今日は国際基督教大グラウンドにて国際基督教大とのオープン戦第4戦目でした。試合は1-3と惜しくも敗れてしまいました。

初回、先攻の外語は三者凡退で終わってしまいます。その裏先発の長田が先頭バッターにツーベースヒットを許すと、そのままエラー、ヒットが続きランナーを還してしまいます。

しかし4回の表、サードゴロで松尾が出塁すると、続く長田がセーフティーバントにより運び、村野、大滝もヒットが続き1点を還し同点になります。みんなナイバッチ!!

6回表、長田に代わって小澤が登板します。先頭バッターにフォアボールを許すとその後も送りバントやヒットを許し、1点を奪われてしまいます。

7回表、清水がショートへの内野安打で出塁するもその後が続きません。その裏、エラーやレフト前へのヒットが続き、さらに1点を失ってしまいます。

8回表、小澤に代わって復帰後初登板の清水が無得点に抑えますが、そのまま追いつくことができず1-3という悔しい結果に終わってしまいました。

今回は前日の雨によりグラウンドコンディションが悪く、バントをもっと活用するなど判断力が必要とされたように思われます。

土曜日はいよいよ春季オープン戦最終戦となる海洋大戦です。これまでの反省点を生かし、リーグ戦へと繋がるような試合にしましょう。

お疲れ様でした!

Like

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です