3/11 春季オープン戦②対理科大

更新が遅れて申し訳ありません。
オープン戦第2戦は、二部に所属する格上の理科大との一戦でした。結果は13-9と勝利を収めることができました。試合を振り返っていきます。
初回、先攻の外語は無得点に終わりますが、その裏先発の小澤が先頭バッターを歩かせるとうまく送られ、さらにサードの送球エラーのうちにランナーを還してしまいます。
追いかける外語、先頭の4番長田が内野安打で出塁すると、続く村野も選び、さらに6番大滝がうまく送り1アウト一二塁のチャンスで、小澤の自らを救う一発でランナー2人生還、2-1とします。小澤ナイバッチ!
そのまま相手を無得点に抑えると、三回の表相手ピッチャーの制球が乱れ二死一三塁のチャンスで長田のセンター前タイムリーヒットによりランナー1人生還!3-1と差を広げます!長田ナイバッチ!
しかし、その裏先頭バッターに初球からヒットを浴びるとその後も2本のヒットを浴び1点を返され3-2とされます。
両投手が好投を見せ無得点のまま試合が進みますが、六回の外語の攻撃から試合が動きます。1アウトから村野が相手のエラーで出塁すると、大滝のセンター前、さらに橋本も続き、村野が生還4-2とします!ナイバッチ!相手ピッチャー交代後の七回の攻撃でも立ち上がりが上手くいかなかったピッチャーに対し長田、村野が連打でたたみかけ7-2と突き放します!2人ともナイバッチ!
このままいきたいところでしたが、その裏小澤が崩れ、5本のヒット、2つのフォアボールを与え一挙に5点を失い同点とされます。
しかし、八回外語の攻撃では依然制球が定まらない相手ピッチャーから3点を得、10-7と返します。
その裏で、小澤に代わって復帰後初登板の藤岡が無得点に抑えると、九回の攻撃では足も絡めた攻撃で3点を加え13-7と離します。最後に粘りを見せた相手に2点を失いますが13-9と勝利を収めました。

乱打戦ではありましたが、格上の相手から勝利を得られたことは今後のオープン戦、さらには先に控えるリーグ戦に向けて大きな自信になりました。これからも反省を活かして来週の淑徳戦に向けてがんばります!

お疲れ様でした!

Like

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です