本日は工学院大学グラウンドにおいてリーグ戦第4戦、対文京学院大学戦が行われました。外語はを4対5で惜敗し、今シーズン1勝3敗となってしまいました。それでは試合を振り返ります。

1回表。安打で出したランナーに二盗、三盗を決められ、内野安打で先制点を許します。
試合は単調に続き、4回裏。1死から5番監督田邊の四球をきっかけに、6番長田、7番石塚の連打で満塁とし昨日決勝打の8番平本。会心の当たりでしたがライト正面をつき犠牲フライとなり同点とします。続く場面で9番鶴田と思われましたが二塁牽制死でチャンスを潰してしまいます。
5回表。先頭打者を失策、次打者に四球を与えピンチを広げます。そして三盗を許すと、犠飛とタイムリーで2点を追加されてしまいます。

文京 |100 |02
外語 |000 |10

6回表にも1点を許し、3点ビハインドになります。
6回裏。反撃に出たい外語は先頭の4番岩崎岳。打った瞬間ホームランと確信したあの一撃は今シーズンチーム初本塁打となる1号ソロに。
この本塁打で流れを持ってきたい外語は7回裏。1死から9番鶴田が死球で出塁すると、今日もリリーフで好投頼れる1番永田。初球を叩くとライト線へスリーベースヒット。なおもチャンスが続きますが、後続が倒れ1点止まり、同点機を逃します。
8回表。踏ん張りたいところでしたが、二塁打そして三盗、内野安打で追加点を許します。
9回表もピンチを招きますが、落ち着いて凌ぎいよいよ最終9回裏の攻撃です。
先頭、途中から出場の岩本が左前に安打を放ちますが後続が倒れ2死2塁。打席には先ほどタイムリーの1番永田。5球目、捉えた打球はぐんぐんと伸びレフト頭上を越える二塁打。1点差に詰め寄ります。しかし反撃もここまで、試合終了となってしまいました。

文京 |100 |021 |000||5
外語 |000 |101 |101 ||4

先発小澤も苦しいなかで粘りの投球でしたが、4戦連続先発登板の疲れも見せない鉄腕ぶり。本日の試合は文京学院大学の機動力に完敗。攻撃も守備もまだまだ課題が残る試合になりました。リーグ戦前半で3敗目を喫しこれからも苦しい試合が続くと思われますが、外語らしい野球をしっかりと見せ、勝利出来るよう頑張っていく所存であります。

本日の試合、風間先生そしてOGのさやさんがきてくださいました。お忙しい中ありがとうございます。
次戦は9月29日の日曜日、工学院大学グラウンドにおいて工学院大学と第2試合(13:00開始予定)で行われます。

Like

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です