合宿4日目となった本日は、尾瀬並木グラウンドにて高崎経済大学さんとのオープン戦を行いました。外語はこの試合、0対2で敗れることとなりました。早速試合を振り返っていきたいと思います。

先攻の外語は1回表、高崎経済大学の先発、右サイドハンドの中村に三者凡退に打ち取られます。するとその裏、外語の先発小澤は2アウトから出塁を許すと高崎経済大学の4番大友にタイムリーを浴び、1点を先制されます。

しかし小澤はその後、ランナーを出しながらも粘りのピッチングで5回を1失点にまとめます。さらに後を受けた二番手の長田も再三のピンチをしのぎ、1点を追う展開のまま試合は終盤に入ります。

一方で攻撃陣は高崎経済大学の継投に対しチャンスを演出することができず、8回まで2安打無得点に抑え込まれます。すると8回の裏、3番手永田がレフトへの犠牲フライを浴び2対0とされてしまいます。

9回表には3番安田、4番岩崎岳の連続ヒットなどで1死2・3塁のチャンスを作るも後続が倒れ無得点に終わり、2対0で敗れることとなりました。

また試合後にはランナーをつけてのシートノックを行い、実践的な練習の中でリーグ戦に向けた連携の確認をすることができました。

秋季リーグに向けてのオープン戦はこの試合で最後となりましたが、試合を通して見えてきた課題を開幕までに克服していけるよう、残り2週間ほどの練習に取り組んでいきたいと思います。

お疲れ様でした。

Like

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です