3/5 春季オープン戦(1)vs農工@農工

今日は春季オープン戦第1戦、対東京農工大学でした。新体制となってから他の大学と行うはじめての試合でしたが、結果は15-2と完敗でした。

後攻の外語は初回、三者凡退で終わってしまいます。
3回の表、先発の小澤は先頭バッターにヒットを許すと、続くバッターもヒットで出塁し、エラーも絡み犠牲フライにより2点を奪われてしまいます。

しかし3回の裏、ショートゴロで大滝が出塁し、続く代田の犠打と大塚のセカンドゴロにより1点を返します!
その後安田がレフト前ヒットを放ち、続く松尾がレフトへのツーベースヒットを放ちますが、その後が続かずチャンスを生かすことができません。

6回の表、小澤に代わった安田の好投により3人で抑えます。しかし7回表、デッドボールで出塁を許すと、続くバッターがセンター前ヒットを放ち、その後盗塁やパスボール、また内野のエラーが絡んでこの回で一気に9点を奪われてしまいます。
なんとか点を返したい外語でしたが、7回裏は三者凡退に終わってしまいます。

8回表、安田に変わって長田が登板します。
先頭バッターにショートゴロを許すと、その後もヒットやフォアボールを許し、パスボールも絡んで4点を奪われ、さらに得点差を広げられてしまいます。

8回裏、先頭バッターの代田がフォアボールで出塁すると、大塚の見事な盗塁と久保のヒットにより1点を返します!続く長田が四球で出塁し、横森がヒットを放ち、二死満塁とするも、続くバッターが打ちとられ、チャンスを生かせません。

9回、相手に得点を許すことはありませんでしたが、追いつくことができず15-2という悔しい結果になってしまいました。

今回の試合では、内野の送球ミスやパスボールなどのエラーが目立ちました。送球エラーに関しては、試合という緊張感のある状況の中でどれだけ冷静にプレーできるかが大切となってくるので、普段の練習で正確な送球をすることより意識していくことが大切だと思います。

今回の試合は全員が出たことでそれぞれの春リーグに向けての課題が見えたのではないかと思います。これからオープン戦が続きますが、自分に必要なことが何かを常に考えながら練習に取り組んでいきましょう。

お疲れ様でした!

Like

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です