本日は工学院大学グラウンドにて春季リーグ戦第10戦、工学院大学との試合が行われました。外語はこの試合4対3で工学院大学に勝利し、春季リーグ戦の6勝目をあげました!また、これで外語は6勝4敗の2位という結果で春季リーグ戦の全日程を終了しました。それでは試合を振り返ってまいります。

試合が動いたのは1回の裏外語の攻撃、先頭は今季初の1番に抜擢された横田。この試合を最後にチームを離れることになる男の気合、その威圧感が相手ピッチャーの手元を狂わせたか、四球をもぎ取り出塁。さらに1死後、ランナー横田の二盗に相手守備の乱れが絡みランナーは三塁へ。その後2死とされ、打席には不動の四番、岩崎岳。ここで勝負強さを発揮し、レフト前に先制のタイムリーヒットを放ちました。このタイムリーで外語は1点を先制します。

しかし二回の表、外語の先発投手、永田は工学院打線に2死二塁からセンター前へのタイムリーヒットを許し、1対1の同点とされます。

1点を失った左腕の永田でしたが、3回以降は非常にテンポの良い投球を続け工学院打線を寄せ付けません。守備のリズムを攻撃に繋げていきたい外語は5回の裏、先頭の8番稲葉の痛烈な当たりのピッチャー強襲ヒット、9番青島のまさに職人技といった完璧なバント、さらには1番横田のこの試合3つ目の四球で1死1,3塁の好機を作ります。ここで打席には小技の利く2番、濱本。鮮やかに1,2塁間を抜くタイムリーヒットを放ち、勝ち越しに成功します。さらにその後、3番永田にもタイムリーヒットが飛び出し、外語は3対1とリードを奪います。また8回にもルーキー畑下に大学初安打となるタイムリーヒットが生まれ、4対1とリードを広げて試合は9回の攻防に入ります。

9回の表、ここまで内容の良いピッチングを展開している永田は終盤も集中力を切らすことなく、きっちり2つのアウトを取ります。あと1アウトで勝利というこの場面でマウンドに向かうのは背番号1番、横田。最終打席は併殺打に倒れてしまった横田、自身の引退の花道を飾るためにも、ここはしっかりと自分のピッチングで試合を締めたい場面。しかしその強い思いが力みにつながってしまったか、制球が定まらず四球絡みで1点を失いなおも満塁のピンチ。仲間から声を掛けられマウンドに立ち続ける横田でしたが、さらに1点を失いこれで4対3と工学院打線に詰め寄られたところでマウンドには再び好投の永田が上がります。最後のバッターを丁寧なピッチングでサードゴロに打ち取り3アウト、試合終了となりました。

この試合、OB会の塚本会長、またOBの休波さんが観戦に来てくださいました。厳しい暑さの中足を運んでいただき、本当にありがとうございました。

またこの試合をもって外語は春季リーグ戦の全試合を終了しました。それに伴い、プレーヤーの横田、マネージャーの喜屋武、勝矢(いずれも3年)は引退となりました。お三方、本当にお疲れさまでした。今後のあらゆる面での飛躍を、野球部一同心よりお祈り申し上げます。

この春季リーグ戦、外語は6勝4敗と勝ち越しで終えましたが目標に掲げていた優勝には届かず、多くの課題が浮き彫りになりました。その課題を1つ1つ克服し、秋季リーグ戦では悲願の優勝が達成できるよう、日々の練習、また対外試合に取り組んでいきたいと思いますので、引き続き応援のほどよろしくお願いいたします。

Like

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です