本日は春季リーグ戦第9戦、東京農工大学との試合が行われました。結果は2-10と惨敗。痛いコールド負けとなりました。それでは試合を振り返っていきます。

外語は初回、先頭の石原が初球を叩き出塁するもあえなく牽制死。流れを相手に渡します。

するとその裏、今期初登板となる先発の岩崎(岳)が制球に苦しみ無死満塁とされ、主軸に長打を浴びるなど5失点と大きく出遅れます。

一矢報いたい外語打線でしたが、一年生中心の打線は相手のテンポの良い投球に翻弄され、沈黙します。

3回からは本来二塁を守る濱本が投手として公式戦初のマウンドに上がります。ノビのある速球を武器に立ち向かいますが農工打線につかまり、そのプレッシャーからか制球に苦しみます。

5回終わって0-10と厳しい戦いを強いられますが、ここで一年生が外語に気合を入れます。

6回表、先頭は公式戦初打席となる鶴田、初球を弾き返し、久しぶりの出塁となり、田邉・濱本の8・9番コンビも四球で繋ぎます。ここで迎えるはこの日1番に抜擢の一年生・石原。高々と舞い上がった打球はセンターへ。鶴田が生還し、1点を返します。しかし後続が倒れて一点止まりに。

その裏、外語は濱本を諦め、秘密兵器・石塚にマウンドを託します。出塁を許すも要所を締め、スコアボードに0を刻みます。

流れに乗りたい外語打線は7回表、代わったピッチャーを攻め立てランナーを二塁・三塁に置きます。コールド目前で後がない外語はベンチから圧力をかけ、相手投手のボークを誘い、一点をもぎ取ります。なおもランナー三塁と得点のチャンスでしたが8番・田邉があっさり見逃し三振に倒れ、ゲームセット。規定により7回コールドとなりました。

一年生主体のスターティングメンバーであったとはいえ、流れを掴むべくチームとして徹底すべき点の確認が怠慢であったように感じます。次戦及び秋季リーグに向け、チーム全体の底上げが必要であるという課題が浮き彫りになった試合となりました。帰って練習あるのみです、強くなりましょう。

また本日はOB会会長の塚本様、OBの三室様、加藤様にお越しいただきました。遠方よりお越しいただきありがとうございました。

お疲れ様でした。

Like

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です