5/11(土)の本日は淑徳大学耕心記念グラウンドにて春季リーグ第7戦、vs淑徳大学の試合が行われました。外語はこの試合、5-15と実力差を見せつけられる試合となりました。それでは試合を振り返ってまいります。

外語は初回、切り込み隊長の濱本が四球を選び出塁、2番のキャプテン青島がきっちり送り、チャンスを作る定番の型。そして3番の監督永田のセカンドへの打球は相手のミスを誘い、外語は幸先よく先制します。この回は好調の田邉がツーベースヒットを放つなど、3点を先制し、流れを掴みます。続く2回でも先頭、ラストバッターの稲葉がお手本通りのセンター返しで出塁、3番永田のライト前ヒットにエラーが絡むなどして、さらに2点を追加します。

一方、外語の先発永田はランナーを出しつつも要所を力のあるボールで締め、4回までに1失点と、試合の流れは完全に外語に傾いたと思われました。

淑徳 0010
外語 3200

しかし、悪い流れは5回から漂い始めます。淑徳の打線は4回までとは打って変わって永田のボールを捉え始め、連打でじわじわと追い上げてきます。6回には特大のHRを浴び、一挙3失点で逆転されます。投手は岩崎(弘)に代わりますが、流れは断ち切れず、相手による隙をつく走塁、セーフティバントにより、ずるずると失点します。

外語の打線は3回以降はヒット3本と、相手投手を捉えられず、沈黙します。

終わってみれば5-15と、力の差を見せつけられる試合となってしまいました。しかし、3回終了時点で5-1。外語としてはさらに得点して、逃げ切れる点差だったはずでした。残る春季リーグ戦は3試合、この試合の負けを大きな教訓として、5-1を勝ち切れるチームへと進化していきたいと思います。また、淑徳打線の力のあるスイング、勢いを見習い、私たちに足りないものを補っていきたいと思います。

淑徳 00102435
外語 32000000× (8回コールド)

次戦は5/12(日)工学院大学Gで第8戦、vs文京学院大学です。連戦となりますが、応援よろしくお願いします。

Like

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です