本日は春季リーグ第6戦、vs東京理科大学が淑徳大学記念耕心グラウンドにて行われました。
4-2と接戦をものにし、外語は4勝目をあげることができました!
それでは試合を振り返ってまいりましょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
外語の先発は監督左腕エース、永田。
2アウト後ヒットでランナーを許しますが、持ち前の冷静さが光り、牽制アウトで初回を抑えると2,3,4回と毎回奪三振を奪う好投を見せ完璧な立ち上がりを見せます。

永田の好投に応えたい打線は、制球の定まらない相手先発から1番スーパー濱本、2番青島、3番永田が三者連続四球でノーアウト満塁とすると、理科大ベンチが動き、2番手菅原を投入します。
しかし4番岩崎(岳)の体に吸い寄せられた投球はデッドボールとなり、押し出しで1点を先制。続く田邉の併殺打の間にランナーが帰り2点目を追加、永田を援護します。

援護をもらい好投を続ける永田でしたが、5回表に先頭に与えたフォアボールをきっかけにエラーなどで2点を失い、同点とされます。

その後試合は互いにチャンスを作るも仕留めきれない拮抗した展開に。
監督永田は強靭な精神力をもって理科大打線の攻撃を凌ぎ続けます。

試合を決定付けたのは8回裏の攻撃でした。
先頭打者、4番岩崎(岳)がレフトを襲うツーベースを放ちチャンスを作ると続く田邉がバスターの構えから放った打球は投手の頭上、二遊間を抜けるセンター前ヒットとなり二塁走者岩崎(岳)が一気に生還。その後も7番横田が左中間へのタイムリーを放ち、2点を勝ち越します。

逃げ切りを図る外語、9回のマウンドにはここまで約100球で9奪三振の好投を見せる永田が立ちます。
先頭打者をエラーで出すもこの試合通じて欠かさなかった集中力で後続を打ち取り、2アウト。
最後の一球は打者に捉えられることなく田邉のミットに収まりこの日10個目の奪三振で試合を締めました。

完璧な投球で試合を支配した永田のピッチング、相手投手の立ち上がりの悪さに助けられ結果的には勝つことができたものの、理科大投手陣を完全に打ち崩すことができず多くのチャンスを逃すなど復活した優勝の可能性を掴み取るために改善が必要な点も多く挙がった試合でした。

また、本日は風間先生、OBの松尾さん、戸倉さんが来てくださいました。お忙しい中ノックや試合後のアドバイスなどありがとうございました。
次戦は5月11日(土)。淑徳大学記念耕心グラウンドにて13:00から淑徳大学と試合を行います。応援よろしくお願いします。お疲れ様でした。

Like

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です