本日は春季リーグ第5戦、vs工学院大学が工学院大学グラウンドにて行われました。

では、試合を振り返っていきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

工学院は初回、2、3、4番の3連打で鮮やかに先制する。(1裏 外語0-1工学院)

反撃したい外語は3回、先頭のゴールデンルーキー石原がヒットで出塁。その後、得点圏に進めるも一本が出ず無得点に終わる。

するとその裏、工学院はヒットとフォアボールで1死1、2塁のチャンスを作ると、6番打者がツーベースヒットを放ち1点を追加する。(3裏 外語0-2工学院)

4回、5回と、両者得点圏に走者を置くもあと一本が出ず、試合は膠着し始める。

そんな中、外語が反撃に出る。6回表、6番石塚、8番岩本のヒットで2死1、3塁のチャンスを作ると、ここで迎えるのはゴールデンルーキー石原。石原が放った打球はセンター前へ。ルーキーの一打で外語は1点を返す。(6表 外語1-2工学院)

しかしその裏、工学院打線が牙を剥く。連打とフォアボールで1死満塁のチャンスを作ると、2番打者が右中間を切り裂く走者一掃のタイムリースリーベースを放ち、3点を追加する。3番打者はキャッチャーフライに倒れるが、続く4番打者が放った打球はレフトの頭上を遥かに超えるツーランホームラン。工学院はさらに2点を加える。(6裏 外語1-7工学院)

反撃したい外語は直後の7回、2死走者無しから主砲岩崎岳が左中間へツーベースヒットを放つ。続く田邊がフォアボールを選び、2死1、2塁。ここで迎えるは6番石塚。ボテボテのサードゴロを三塁手が悪送球。ラッキーな形で外語は1点を返す。(7表 外語2-7工学院)

7回からは先発永田に代わって岩崎弘治がマウンドへ。7回、8回をピシャリと抑え、打線の反撃を待つ。

何としても追いつきたい外語は9回、永田のヒットや田邊のフォアボールでチャンスを作るも、後続が倒れ万事休す。2敗目を喫し、3勝2敗となった。

外語 000001100 |2
工学院10100500 |7
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ヒット9本、フォアボール5個と、出塁ができているのにも関わらず、それを得点に結びつける攻撃ができなかったのが敗因の一つです。ミーティングで話し合ったことを練習に生かし、次の試合に向けて頑張って行きましょう。

また、本日はOGのみくさん、OBの松尾さんが来てくださいました。お忙しい中ありがとうございました。

次戦は5月5日(日)。淑徳大学記念耕心グラウンドにて13:00から東京理科大学と試合を行います。応援よろしくお願いします。

お疲れ様でした。

Like

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です