本日は春季リーグ第3戦、vs東京理科大学が流通経済大学牛久グラウンドにて行われました。

では、ラストシーズンを迎えた3年横田による渾身の試合レポートを存分にご堪能ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

開幕2連勝と最高のスタートを切った外語は、牛久の要塞、流通経済大学グラウンドに乗り込む。雲ひとつない晴天。綺麗に整備された人工芝。最高の環境で野球ができる喜びを噛みしめ、外語ナインは戦場へと駆け出してゆく…

試合は初回から動く。先頭打者の絶好調男濱本が今日も当たり前のようにレフト前へヒットを放つと、仕事人青島が当然のように送りバントを決め、1死2塁とチャンスメイク。ここで迎えるは外語史上最強打者の1人と横田が絶賛する総帥、永田。フルスイングするがタイミングを崩され、バットの先に当たった打球はふらふらと宙を舞う。最強打者は運をも味方にするというのか。打球はサードの後方へポトリと落ちる。濱本が生還し、外語は先制に成功する。(1表 外語1-0理科) さらに続く主砲岩崎岳がレフト前ヒットを放ちチャンスを広げるが後続が倒れ、この回は1点止まりとなる。

外語の先発永田は日本車のような立ち上がりを見せ、1回、2回をそれぞれ3人ずつで片付ける。

すると守備から流れを作った外語は3回、再び理科大に襲いかかる。先頭の濱本が四球で出塁すると、仕事人青島が再び送りバント。濱本がガラ空きの3塁を一気に落とし入れる好走塁を見せ、1死3塁と追加点のチャンスを迎える。ここで打席には再び総帥、永田。フルスイング。打球が高々とセンターに上がる。誰もがため息をついたその時、センターが前に打球を落とす。しかも記録はヒットに。まさに最強打者。いろんな意味で死角なし。(3表 外語2-0理科)

外語は完全に試合の主導権を握ったが、楽に勝てる試合などはやはりひとつもないのである。4回、理科大の先頭打者が2塁打を放つと、続く打者がサード前へ芸術的なセーフティーバントを決める。無死1、3塁のピンチを招いた外語は併殺の間に1点を返される。(4裏 外語2-1理科)

1点差に迫られ、追加点が欲しい外語は6回にお笑い芸人石塚、私横田の連打でチャンスを作るも一本が出ず無得点。7回にはまたまたヒットで出塁した絶好調男濱本を仕事人青島がまたまた送りチャンスを作るも無得点と、立て続けにチャンスを潰す。(7表 外語2-1理科)

チャンスを潰した後にはピンチが来る。これは野球界の常識であるが、6回2失点の好投で試合を作った永田からマウンドを譲り受けた右腕岩崎弘治はその常識を打ち破るかのような好投で7回、8回を無得点に抑える。(8裏 外語2-1理科)そしてこの好投が9回の外語の攻撃に流れを吹き込む。

9回、先頭の私横田が相手投手に8球を投げさせる驚異の粘りを見せて四球を獲得すると、ミスター内野安打岩崎弘治が堅実に送りバントを決め、1死2塁を作る。続く鬼才岩本の三振が振り逃げとなり、1死1、3塁と絶好のチャンスを迎える。ここで迎えるのは本日4打席4出塁の絶好調男、濱本。しかし絶好調男も1日5出塁とはならず浅いセンターフライ。続く仕事人青島もセンターフライに倒れ、またしてもチャンスを生かせない。(9表 外語2-1理科)

再三チャンスを逃した外語に野球の神様は微笑んでくれるのか。ついに試合はクライマックス、9回裏を迎える。

9回裏、先頭の5番打者が会心の打球をライトへ運び、理科大が反撃の狼煙をあげる。理科大のベンチは大盛り上がり。次の6番打者をセンターフライに打ち取ったものの、7番打者のボテボテのサードゴロが内野安打となり1死1、2塁。8番打者はセカンドフライに倒れたが、続く9番打者が四球を選び2死満塁。
外語にとって絶体絶命の大ピンチ。本日最大の山場。盛り上がる理科大ベンチ。祈る外語ベンチ。9回裏、1点差、2死満塁という極限の緊張感の中、岩崎弘治が投じた49球目はセンターへ。

試合終了。最後の打者をセンターフライに打ち取り、外語が薄氷の勝利を手にした。

外語 101000000 |2
理科 000100000 |1

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最後まで読んでくださりありがとうございます!これで開幕3連勝です!優勝に向けて落とせない試合ばかりですが、1戦1戦成長し、粘り強く戦っていきます!

次戦は明日4月21日。淑徳大学耕心記念グラウンドにて13:00から東京農工大学と対戦します。応援よろしくお願いします!

お疲れ様でした。

Like

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です