本日は春季リーグ戦第2戦、対文京学院大学が東京国際大学グラウンドにて行われました。

では、試合を振り返っていきましょう。

1回裏、外語はトップバッターのハマモトはライトにヒットを放つと、いきなりスチールを決めます。ここでキャプテン・アオシマがバントを決め、ボス・ナガタがフォアボール、スチールでランナー2.3塁とすると頼れる4番・タケシイワサキがレフトへ2点タイムリーヒットを打ちます。
毎イニングランナーを出すも、粘りのピッチングを続けていたナガタですが、3回にフォアボールとヒットで1点を返されます。
━━━━━━━━━━━━━━━
文京|001
外語|200
━━━━━━━━━━━━━━━
その後5回にお互い点を取り合い同点とします。
迎えた6回、マウンドにエース・コウジイワサキが登りますが文京打線に捕まり2点を返されます。しかしその裏エースを援護しようと打線が繋がります。トップバッター・タナベがフォアボール、イシツカがヒットで繋ぐと、今日のラッキーボーイ・ヨコタが相手のエラーを誘い1点を返します。更にコウジイワサキがこれ以上ないスクイズを決め、自らを援護します。その後アオシマのスリーベースヒットもあり、この回5点を入れビッグイニングを作ることに成功します。
━━━━━━━━━━━━━━━
文京|001 022
外語|200 015
━━━━━━━━━━━━━━━
その後も互いに点を取り合いますが、何とか逃げ切りリーグ戦2勝目をあげました。
文京|001 022 021|8
外語|200 015 21✕|11

試合には勝利したものの、細かいところでのミスが多く課題も多く出た試合となりました。この試合の反省をしっかり活かし、毎試合成長して行ければ良いと思います。
第3戦は20日(土)vs東京理科大学@流通経済大学Gとなります。応援よろしくお願いします!

お疲れ様でした。

Like

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です