本日は春季リーグ第1戦、対淑徳大学が淑徳大学記念耕心グラウンドにて行われました。

結果は5-4で外語が初戦を勝利に収めることができました。それでは試合を振り返ってまいります。

外語先攻で始まった試合は、初戦の緊張もあってか1、2回共に三者凡退で終わりました。淑徳の攻撃も先発の岩崎(弘)のコントロール抜群なストレートと緩急のある変化球が冴え渡り、1、2回を抑えます。守備からいい流れを持ち込んだ外語は、三回の表にツーアウトから1番濱本のしぶとい打席を含め三者連続四死球で満塁のチャンスを作る。続く3番永田の打席で相手投手のボークで先制する。裏の攻撃も岩崎(弘)がピシャリと三人で抑えた。

外語|001|
淑徳|000|

流れが良い外語は、4回の表も先頭の岩崎(岳)がデッドボールで出塁し、5番田邊のファースト強襲ヒットでさらにチャンスを広げてノーアウト1、2塁となる。続く6番横田は追い込まれるも送ることに成功してワンアウト2、3塁の得点圏を作る。しかし、7番岩崎(弘)でセーフティースクイズを試みるも失敗に終わり追加点とはならず。チャンスを潰した淑徳の攻撃では、ショートのエラーを含む内安打でワンアウト3塁の場面を作られる。3番に犠牲フライを打たれ、同点に追いつかれる。その後、両チーム共にランナーを出すものの勝ち越しの点は入らない。

外語|001|000|
淑徳|000|100|

7回まで一点で力投している岩崎(弘)を援護したい外語は、8回に2番青島の死球からワンアウト3塁のチャンスを作り、5番岩崎(岳)が均衡を破るレフト前ヒットで勝ち越す。攻撃の手を緩めない外語は5番田邊のセンター前ヒットと7番岩崎(弘)の内安打で2点追加して三点リードとする。8回の裏からはサウスポーの永田がマウンドへ上がるも制球に苦しみ、連打を浴びる。8番のスリーベースを口火に3点取られ振り出しに戻る。同点に追いつかれた外語は、1番濱本のレフト頭上を越えるツーベースと2番青島のエラーを誘うセーフティーでワンアウト1、3塁のチャンスを作る。続く3番永田が失点を取り返すかのようにライトへの犠牲フライで再び勝ち越す。最終回はアウト全てをセンターフライで抑える危なげないピッチングで初戦を勝利に収めた。

外語|001|000|031|5
淑徳|000|100|030|4

2シーズンぶりに初戦を勝利した勢いのまま、修正する点をしっかり直して2戦目の対文京学院戦に臨みたいと思います。応援のほどよろしくお願いします。

Like

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です