本日は、首都大学東京グラウンドにて、首都大学東京と第5戦目となるオープン戦を行いました。
結果は12対3と大敗を喫しました。
試合を振り返っていきましょう。

スタメン
1 二 濱本
2 左 横田
3 投 永田
4 中 岩崎(岳)
5 捕 田邉
6 一 石塚
7 右 稲葉
8 三 岩崎(弘)
9 遊 青島

首都|071 102 001|12
外語|010 000 101|3
立ち上がりはどちらも無得点。
締まった試合になるかと思われた2回、首都大打線が打者一巡の猛攻を見せ7点を先制。その後外語も相手の失策絡みで1点ずつ返しますが、じわじわと引き離されます。迎えた9回、最終兵器岩本のタイムリーで1点を返すも後続続けず試合終了となりました。

本日の新入生新生活応援企画。担当は国際社会学部スペイン語ラテンアメリカ地域専攻新2年の石塚慧樹です。
よろしくお願いします。

1.サークルとかなんやあるのにどうして硬式野球部なんですか?

高校3年間硬式野球を続けましたが3年の春までずっとベンチ外、ベンチに入れたと思ったら三年の夏はあっさり初戦で負けてしまい、こんな終わり方は嫌だなあと思ったからです。
また、他の理由として野球以外のスポーツ(サッカー、バスケ、テニス等)が絶望的に下手くそで大学から始めても絶対楽しくないだろうなと思っていたということもありました。
なんや(=軟式野球部)と比較して硬式を選んだ理由としてはやっぱりバットの芯を食った瞬間の快感、木製バットで捉えた際の音でしょうか。あの確かな手応えと乾いた音がたまりません。

2.なんのバイト、いつから?
蕎麦屋でバイトしてます。3月半ばからです。

3.勉強は大変ですか?

ぶっちゃけ大変ですが大変と感じているのは僕がサボっているからです。
専攻語の予習復習もしたりしなかったりで、言語以外の科目についても指定された参考文献を読んでいなかったりしました。サボらずに毎日コツコツやればキツくないです。この辺は受験も同じですかね。

4.1人暮らしはどうですか?なにが大変ですか?

実家にいた頃と違ってはるかに「自由」なので何時まで起きていても、何時まで出歩いていても、通販でこっそり物を買っても怒られず、遊んだりする分には楽しいです。
しかし朝起きれば朝ご飯が、昼にはお弁当が、家に帰れば晩ご飯が既に準備されていて、お風呂も沸いているし、ユニフォームも洗ってくれて、さらに夜更かしすると早く寝ろと注意してくれる人がいた実家と比べると生活リズムはガタガタになりがちです。さらに体調を崩しても看病してくれる人がいないのは心細い上にひたすら寝て回復に専念することができないためなかなか治らず大変でした。
一人暮らしで母をはじめとする家族のありがたみを知れました。

5.入学するまでにしていなかったことで後悔していること、無ければ1年生の期間にやれなかった後悔していること

僕は後期合格でした。後期合格組は合格発表から入学手続きまでが非常に短い上に家を決めたり引越しの準備などが非常に忙しく、受験で燃え尽きたのもあって後期試験の日から全く勉強をしておらずTOEICで無事爆死してしまったので、少しでいいから英語の勉強を続けていればよかったなぁと後悔しています。

6.新入生にひとこと!
合格、入学おめでとうございます!
長い受験生活は辛かったと思います。
授業が始まるまでちょっとゆっくり休憩しましょう(メリハリは大事です)。
そしたらまた勉強、バイト、部活と忙しくも楽しい大学生活が始まります!
もしよければその大学生活の一部を、硬式野球部で過ごしてみませんか?

長文失礼しました。

Like

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です