本日は春季オープン戦第1戦対千葉大が千葉大グラウンドにて行われました。秋季リーグ戦以来初めての試合で、とても久しぶりの試合でした。

結果は4対10と惨敗を喫した初戦となりました。

それでは試合をざっと振り返っていきます!

外語は一回の裏に一点を先制されると、その後も出塁を許しつつ、四回まで互いに動きがありません。

———————————–
外語 | 000 0| 0
千葉 | 100 0| 1
———————————–

5回表、外語は簡単に二死をとられるも、岩崎(弘)の内野安打を青島が犠打安打で繋ぎ、続く永田が右方向への適時二塁打を放ち、一点を返しますが、その裏、再び一点を返されてしまいます。

———————————–
外語 | 000 01 | 1
千葉 | 100 01  | 2
———————————–

6回表、田邉が四球で出塁すると、相手の失策なども絡み、一点を返します。追いつきたい外語ですが、その裏、失策に安打が絡み、一挙に5点を追加される外語。

———————————–
外語 | 000 011 | 2
千葉 | 100 015 | 7
———————————–

7回にも一点を追加され、2対8と突き放されます。

8回表、外語は相手の四球、失策に助けられ、2点を追加しますが、外語の粘りもここまで。
その裏、長打を浴び、さらに2点の追加を許し、4対10で試合終了となってしまいました。

———————————–
外語 | 000 011 020 | 4
千葉 | 100 015 12X | 10
———————————–
外語:永田、●岩崎岳、石塚-田邊
千葉:大林、藤島、○佐野、浅野、黒津-大原、三木

久々の試合ということもあり、なかなか試合の感覚を思い出せなかったり、投手の交代などで苦戦したりしましたが、より強化すべき点や、試合前に確認すべきことを改めて認知することが出来たと思います。

次回の試合は3/9(土)に対東京大学が東大グラウンドにて行われます。次回の試合までに確認すべき点を各自しっかり確認して明日の練習に挑みましょう。

さらに、明日は合格発表です。
たくさんの新入生の皆様と、もうすぐ外大で会えることを、野球部一同心待ちにしています!

それでは、本日はお疲れ様でした!

Like

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です