本日は、午前練習でした。
全体アップ、キャッチボール、トス、ボール回し後に内野、外野ノックを行いました。その後、内野、外野が交互に守備の特訓練習、盗塁練習、サーキット、ダウンで練習を締めくくりました。本日の練習には、外大硬式野球部部長の風間先生が練習に来てくださりました。人数が少ない中、指導してくださる先生がいらっしゃることで練習が引き締まり、より内容の濃い練習となりました。

さあ、話題沸騰中の受験生応援企画です。
今日で8日です。
今回の担当は、国際社会学部オセアニア地域専攻新3年の青島裕隼です。
帰国生としての経験を少しでも、参考にしていただければ嬉しいです。

1.受験当日の休み時間の過ごし方
休み時間には自作のまとめノートなどを見え返していました。自分に「しっかり準備はしてきた」と暗示をかけながら自信をつけていました笑

2.受験当日の勉強道具何を持っていったか
まとめノート、単語帳、筆記用具など、、、だったと思います。

3.受験当日(勉強道具以外)持っていって良かったもの
お菓子のラムネを持っていきました!脳のエネルギーとして吸収の早いブドウ糖に頼りました!オススメです!!

4.問題を解いていて焦った時の解消法
一旦手を止めて、周りを見渡しました。周りを見てみんなも同じように行き詰まっているだろうと思うことで落ち着いていました。今思うと、一歩間違えればカンニングでしたね笑

5.勉強が手につかない時の対処法
友達と受験の情報交換を行ったり、たわいもない話をしてリフレッシュしていました。人と話すことで自分の勉強方法などを指摘してもらったり、アドバイスをもらっていました。頼りになる友達に恵まれました!

6.自己流リラックス方法
学校で売っていたパックのコーヒー牛乳を飲んでいました。これを飲むと集中できる気がしてました!受験会場で飲めるように箱買いもしました笑

弘治からの
「帰国生であることで、受験の時に大変だったことはありますか?」という質問にこたえます。

外大を受けるにあたっては、良いことばかりでした。二次試験の受験科目が英語と世界史のみだったことや英語の比率が高いことで非常に助かりました。しかし、受験を通してはかなり苦労しました。最後の最後まで、英語の文法を理解できませんでした。今でも出来ているか分かりません笑 間違いや誤りの訂正をして答えを導くことはできても、説明はできませんでした。なので、友達に聞かれたりしてもアドバイスや説明ができませんでした笑 そのため、割り切って自分の導き出した答えは当たっていると自信を持てるように反駁して同じ問題集を解きました。1つの問題集からブレないことが大切です!高校の先生から言われた「他の問題集に浮気はするな!」は名言だと思います!頑張ってください!

次のブログ担当は、走攻守共に一級品であり外大の「大谷亮平」こと永田航です!そこで、長野県出身の航くんに質問です。
「地方から二次試験を受けに来る際の注意点やアドバイスはありますか?」

少しでも自分の経験が参考になればいいと思います!See you soon at TUFS!! Good Luck👍

Like

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です