本日は午前練習でした。
全体アップ、キャッチボール、トス、ボール回しを行い、その後内野ノック、内外連携、フリーバッティング、サーキットに取り組んで、ダウン、練習終了となりました。気温が比較的暖かく、いつもより身体が動いたような実感がありました。こういう日こそ一つ上のレベルに挑戦していきたいです。

さあ、巷で噂の受験生応援企画です!
今日で7日目です。
今回の担当は、国際社会学部アフリカ地域専攻新3年の岩崎弘治です。僕は、実は大学に入るまでに2浪しているので、あまり参考にはならないかもしれないですが、一生懸命書きます!

1.受験当日の休み時間の過ごし方
チョコを食べていました!糖分は頭の疲れに効くというので、、。それと、いつも聴いている音楽を聴いて気持ちを落ち着けていました。

2.受験当日の勉強道具何を持っていったか
英語の過去問一年分のコピー、英語単語帳、世界史資料集、だった気がします、、。

過去問のコピーは、会場に向かう時に解くため、道中ずっと手に持ってました。
私立大の受験で英語でパニックになったことがあったので、英語には力を入れていました。何故かテストはだいたい最初が英語ですし、配点も一番高いことが多いですから、、。英語でつまづかないように、試験開始の合図で焦らないように、プレ試合というのでしょうか、そのつもりでやっていました。もちろん全部を解いていたわけではなく、脳が英語に慣れるように意識してやってました。

3.受験当日(勉強道具以外)持っていって良かったもの
脱ぎ着しやすい上着(チャック付きのパーカー等)

4.問題を解いていて焦った時の解消法
一回目を閉じて、自分がいつもどうやって解いているかを思い出していました。普段通り解けば大丈夫!

5.勉強が手につかない時の対処法
散歩ですかね、、。
その時に、例えば世界史の一番苦手な箇所だけまとめた紙を持って、見ながら歩くと、覚えられるし、リフレッシュするし、帰ってきたころには苦手意識が薄まってるしでとてもいい時間を過ごせました。
一番苦手なところ、あとそれだけしかやらない、というのがミソです。

6.自己流リラックス方法
ドカ食いでした。
夜中にカップラーメンとコーラと菓子パンを食べてました。笑

横田くんからの、外大対策と私立対策の比重はどんな感じだったか、という質問に答えます!

僕は、外大8:2私立でした。
外大が一番英語が難しく、外大の問題が解ければ私立の英語には対応できると考えていたので、私立の英語はほとんど解かず、外大の英語の問題ばかりを解いていました。ただ問題形式には慣れておく必要があるので、その時間を勉強時間の中に設けていました。
僕の場合は外大が第一志望だったことから、とにかく外大の英語と社会に対応することに集中していました。前述のとおり英語は対応できると思います。社会については、私大の方が難しいので、外大にも活かせる!と言い聞かせて私大の問題を解いていました。

7.受験生へひとこと!
あと少し、力をふりしぼって!ファイト💪

次のブログ担当は、気配りのできる堅実な男、青島くんです。青島はオーストラリアに幼い頃住んでいたんですよね。そこで質問です。
「帰国生であることで、受験の時に大変だったことはありますか?」
よろしくお願いします🙋‍♂️

心から皆さんを応援しています!
ここまで読んでくれてありがとう😊

お疲れ様でした。

Like

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です