外語|000 004 009|13
電通|001 000 000 |1
小澤→永田-田邉
二塁打:安田
三塁打:永田、松尾

本日は秋季リーグ戦第7戦対電気通信大学が淑徳大学耕心記念グラウンドで行われました。

外語の先発は鋼の右腕、エース小澤。
味方打線がなかなか援護できない中、ランナーを出しながらもエースとして粘りのピッチング。5回まで1失点と自らの仕事を果たし、援護を待ちます。

そして6回表、電通は山崎に代わり渡部をマウンドに送り出します。
投手交代で生じた一筋のチャンスを外語は見逃しませんでした。
先頭の長田が右前への技ありの一打で出塁すると、続く田邊が四球、松尾が右中間へ落ちるヒットで出塁し満塁のチャンスを作ります。
打席には本日久々のスタメン抜擢、帰ってきた漢・村野。
見事監督の起用に応える逆転2点タイムリー!!!村野さんナイバッチ!
一塁走者松尾が三塁まで進みなおもノーアウト1,3塁のチャンスでは8番岩崎岳の二ゴロの間に三塁ランナーがホームインし3-1とリードを広げます。

待ち望んだ援護を受けたエース小澤は6.7回を無失点に抑えマウンドを監督サウスポー、永田に託します。
小澤さんナイピッチ!!
秋季リーグで安定したリリーフを見せている永田は点差を詰められることなくしっかり試合を締めました。
航さんナイピッチ!!

なかなか得点できないながらも粘り続けた外語は中盤の逆転劇から勢いづき、大差で試合を制しました。
リーグ戦5勝目です。

最近の試合ではエラーも少なく、打線もフォアボールを起点に得点を重ねることができています。
試合前半の得点がなかなかできないなど改善点はまだまだありますが、1試合1試合確実に成長し、優勝目指して頑張りましょう!

また、本日は球友会会長の塚本様、OBの加藤さん、清水さん、いつきさんのお父様が来てくださいました。ありがとうございました。

Like

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です