今日は秋季リーグ戦第6戦対文京学院大学が工学院大グラウンドにて行われました。

結果は1対4と序盤のリードを守って勝利しました。外語以外に負けなしの文京に二勝です。
それでは試合を振り返りましょう。

外語の先発はエース小澤。一回表。ランナーを背負うも捕手田邊の強肩による盗塁刺で流れを渡さず先制点を許しません。

一回裏。外語の攻撃は絶好調の監督永田から。とらえた打球は右中間へ、いきなり三塁打を放ちます。二番濱本は四球をもらい堅実に出塁。その後暴投の間に永田が帰還し1対0とし、久しぶりに先制点を得ることに成功します。わたるナイバッチ!

二回裏。五番田邊がセンターへのヒットを放つと、六番松尾もライト方向へヒットで続きます。その後、盗塁刺と二ゴロで二死三塁となった場面で、八番岩崎岳がセンターへの適時打を放ち一点追加します。続く青島も左方向へのヒットを放ち、なおも二死一、二塁で打者は永田。チャンスの場面でセンターへの適時二塁打。走者二人を帰しこの回、二年打線が繋がり三点を追加リードを四点に広げます。
みんなナイバッチでした!!

その後小澤は打たせて取るピッチングで相手に出塁を許しません。守備も固く、ヒットになりそうな難しい打球をゴロにして投手を援護します。

外語はその後、得点とはならないものの攻める姿勢で相手のエラーを誘い出塁し、攻撃の手を緩めません。
四回からは文京のエース畔上が登板します。欲を言えば後半にあと一点ほしいところでしたが、エースを前にヒットが出ません。

四点をリードしたまま迎えた九回表。これを抑えれば勝利です。先頭打者をエラーで出塁を許すも、二ゴロ、右フライで二死まで追い込みます。これで終わるかと思いましたが四番に適時二塁打がでて得点を許します。しかし、ここで崩れず最後は三ライナーに打ち取り試合終了となりました。

小澤さんがわずか安打4本、四死球も与えない完璧なピッチングで完投勝利、理想的な試合展開で4勝目です!
今日はここまで課題とされていた序盤にエンジンがかからない問題が解消され、一回に得点することができました。また、守備が光っていて練習の成果が表れているようで嬉しいです。ミーティングでも反省点が少なく、いい試合でした。これで4勝2敗、これからの一試合一試合を大切に頑張っていきましょう。

また今日は寒い中、休波さん、戸倉さん、川田さん、橋本さん、みくさんが来てくださいました。差し入れなど有難うございました。

次は10/20(土)、秋季リーグ戦第7戦対電通大、淑徳大グラウンドにて10時プレイボールです。
今日はかなり冷え込んだので風邪を引かないようにして、来週に備えましょう。

お疲れ様でした。

Like

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です