本日は秋季リーグ戦第5戦、対工学院大学が淑徳大学耕心記念グラウンドにて行われました。
結果は5対2と、外語は3勝目を勝ち取ることができました。
それでは試合を振り返っていきます。

一回表、外語はエンジンがかからず、無得点に終わります。その裏、これまで無敗の工学院打線に2アウトから連続ヒットを浴び、2点を先制されます。
その後、外語のエース小澤は好投を見せ、工学院を七回まで無失点に抑えますが、外語の打線も振るわず、七回まで0対2と試合に動きがありません。

しかし、七回裏、外語は1アウト満塁のピンチでダブルプレーを決め、無失点に抑えます。これを機に外語は流れを掴みます。八回表、2アウトから岩崎岳がレフト前にヒットを放つと、続く青島の適時三塁打で岩崎が生還し1点を返します。2アウト3塁、1点差の場面で打席に立ったのは、監督永田。ショートへの内野安打で青島を帰し、この回外語は2得点で同点に追いつき、その裏も無失点に抑えます。

続く九回表、1アウトから長田が四球で出塁すると、田邉のセンター前ヒットで1アウト1塁2塁、松尾のバントヒットからの工学院の失策で長田が生還。3対2、1アウト2塁3塁になります。まだまだ点が欲しい外語。最近好調の横田がセンターへ犠牲フライを放ち、1点追加。4対2で2アウト3塁。岩崎岳がレフト前適時打を放ち、さらに1点を追加します。外語はこの回で3得点、5対2と勝ち越します。その裏、監督永田が工学院を三者凡退とし、そのまま5対2で外語が負け無しの工学院に黒星を付けることができました!!

延期が続き、本日は約2週間ぶりの試合でしたが、秋リーグ折り返し地点で3勝2敗とすることができました。しかし、残り5戦となり、まだまだ打撃などについて、課題がのこっています。学期中で練習時間が短くなってしまいますが、引き続き優勝目指して精進してまいりますので、応援の程宜しくお願いいたします。

また、本日は三室様が試合に来てくださいました。遠くまで足を運んで頂き、またご声援やアドバイス、ありがとうございました。

さて、次戦は10/14(日)、工学院大学グラウンドにて、対文京学院大学、第2試合(13:00~)です。
リーグ戦も折り返し地点になりました。
しっかり準備して試合に挑みましょう。

本日はお疲れ様でした。

Like

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です