本日は秋季リーグ第4戦、vs電気通信大学が工学院大学グラウンドにて行われました。

3試合を終えて1勝2敗と、優勝に向けてもう1試合も落とせない外語は、序盤に先制されながらも逆転勝利で見事に今季2勝目を収めました。それでは試合を振り返っていきましょう。

初回を三者凡退に切って取り、最高のスタートを切ったかに見えた台湾帰りの鉄腕、小澤でしたが2回、電通打線に捕まります。
二つの四球とヒットで無死満塁のピンチを迎えると、7番、8番の連続タイムリーを浴び、3点を失います。

一方の外語打線は初回と2回を無得点で終わりますが、3回にようやく反撃に出ます。
本日、寝坊による手痛い出費を余儀なくされた8番岩崎岳が痛い死球で出塁すると、元主務の9番青島が元主務らしい堅実な送りバントを決めます。さらに、続く監督永田が内野安打をもぎ取って1死1、3塁のチャンスを作ると、新主務の2番濱本を迎えます。ここで濱本は元主務の青島に負けじと芸術的なセーフティースクイズを主務らしく堅実に決め、外語はまず1点を返します!

さらに外語は5回、先頭の9番青島がヒットで出塁すると、相手のエラーやワイルドピッチなどで2点を奪い、同点に追いつきます。

2回の失点以降、先発小澤は見事に立ち直り、電通打線をほぼ完璧に抑え込みます。そして小澤の熱投に応えた外語打線が7回、奮起します。

先頭の監督永田が3塁線を破る痛烈な2塁打を放つと、続く2番濱本が確実にバントで送り、1死3塁と絶好のチャンスを作ります。ここで打席に立ったのは絶好調な前監督、安田!フルスイングした打球はセカンド後方に落ちるヒットとなり、ついに外語が4-3と勝ち越しに成功します!

さらに8回、外語打線が畳み掛けます。
8番岩崎岳のヒットや相手のエラーなどで1死満塁のチャンスを作ると、監督永田が痛烈なタイムリーを放ち、2点を追加します。さらに2つの四球で満塁のチャンスを作り、迎えるは副主将の5番田邊!狙っていた初球をフルスイングした打球は走者一掃のタイムリー2塁打となり、3点を追加します!そしてこの時点で7点差となりコールドゲームが成立し、外語は10-3で嬉しい今季2勝目を手にしました。

守備、打撃共に非常に良い状態の外語ですが、序盤の攻撃の仕方やタイムの取り方など、改善すべき点はまだまだあります。
今週の練習を有意義なものにし、土曜日の理科大戦にベストコンディションで挑みましょう。

また、本日は球友会会長の塚本様や、多くのOGの方々が来てくださいました。お忙しい中、ありがとうございました!

次戦は9月29日(土)、淑徳大埼玉キャンパス耕心記念グラウンドにて東京理科大学と対戦します。引き続き応援のほど、よろしくお願いします。

お疲れ様でした。

Like

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です