本日は秋季リーグ戦第3戦対工学院大学が、工学院大学グラウンドにて行われました。第1試合でしたが、天候を鑑みて11時開始となりました。

[試合結果]
工学院 | 710 010 05 | 14
外語 | 000 400 10 | 5

一回表、外語の先発岩崎は自身の四球、それに続くヒットなどにより、一挙七点を取られます。変わった監督永田が二番三番を抑えますが、今季初の後攻での試合は点差の開いたスタートとなりました。
さらに二回表に一点追加され、無得点のまま迎えた四回裏、外語が反撃に出ます。四番長田、五番田邉がフォアボール、六番松尾がファーストのエラーで出塁し、ノーアウト満塁となります。ここで迎えたこの日先発起用の横田!その期待に応えレフト前ヒットを放ち、一点返します。続く岩崎のピッチャーゴロにより三塁ランナー田邉がホームでフォースアウトとなりますが、なおもワンナーアウト満塁とチャンスが続きます。主将青島が死球を受け押し出しで一点追加、監督永田に打席が回ってきます。結果はショートゴロで6.4.3のダブルプレーかと思いきや、セカンドのエラーにより二点追加、永田自身も一気に二塁を落とし入れます。この回、今春完封に抑えられた工学院から四点をもぎとる猛攻となりました。

六回表をわずか四球で三者凡退に撃ち取った永田は七回裏、左中間方向へツーベースヒットを放ちます。続く濱本が死球で出塁し、三番安田のライト方向へのヒットがさらにキャッチャーのエラーを誘い、一点追加します。

八回表、三者連続ヒット、ホームランなどで九点差とされます。その差を縮められず14対5、八回コールド負けを喫しました。しかし攻撃の面では随所でいい当たりが見られ、あわやホームランかというような打球もありました。
リードや雰囲気などの課題はこれからの試合で改善し、勝利へと繋げていきましょう。また、明日の試合に備え食事と睡眠を各自しっかりと取りましょう。

また本日は三室さんが来てくださいました。試合中の大きなご声援や試合後の細かいご指導ありがとうございました。

お疲れ様でした。

Like

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です