9/17 秋季リーグ第2戦 対文京学院大 @淑徳大学耕心記念グラウンド

本日は土曜日雨天延期となりました秋季リーグ第2戦対文京学院大学戦が行われました。
春季リーグ戦を同リーグの2部で戦った強豪文京学院大に対し、外語は劣らぬ試合展開を見せ、最後は相手を振り切り今季初勝利を挙げました。試合の詳細を確認していきます。

先攻の外語は序盤、相手バッテリーの攻めに対応できず、3回までに1安打とちぐはぐな攻撃が続きます。しかし帰ってきたエース小澤は攻撃の悪い流れをものともせず丁寧に投げ込み、こちらも3回までに内野安打1本に抑える力投を見せます。

試合が動いたのは4回裏、文京学院大の3番4番に連打を浴び、1点を先制されついに試合の均衡が破れます。しかし5回表、7番田邉8番村野の高校の先輩後輩コンビが1死3塁のチャンスを作るとこの日9番に座った主将青島がスクイズを決めて1点をもぎ取り1-1の同点とします。

エース小澤の力投に守備陣が応え、良い流れを作った7回表の攻撃、監督永田がしぶとく内野安打で出塁すると、続く主務濱本が手堅く送り、1死2塁とすると3番に座った前監督安田が地を這うような鋭い中前適時打を放ち、2-1とついに勝ち越します。

7回裏小澤に代わり監督永田がマウンドに上がると満塁の大ピンチを迎えますが、ここで敢えて内野定位置のシフトを敷くと狙い通りの4-6-3の重殺。この間に3塁走者が生還するも2-2の同点で8回を迎えます。

8回の外語の攻撃、5番留学帰りの長田がしぶとく中前に落とすヒットを放つと、下位打線が相手の失策を誘い、3-2と勝ち越します。その裏、メガネを装着し、ギアを入れた監督永田は相手打線を寄せつけず9回の攻撃に繋ぎます。

9回の外語は相手バッテリーの隙をつく走塁、クリーンナップの覚醒で打者一巡の猛攻を見せ、文京学院をノックアウト。終わってみれば10-2の大勝となりました。

本日の試合において外語の守備陣は無失策と守備面での収穫があった一方で、「先攻」を活かしきれないという攻撃面での課題が見られました。明日以降の練習で課題は潰し、収穫を自分たちの強みにしていけるよう精進して参ります。

お疲れ様でした。

Like

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です