2018年秋季OP戦②vs千葉大学@千葉大(西千葉キャンパス)結果:5-5

本日は千葉大(西千葉キャンパス)にて、千葉大とのOP戦が行われました。
結果は最終回に同点にされ、5-5で痛い引き分けとなりました。それでは試合をハイライトで振り返ります。

先攻の外語は6回までに5人の継投でかわされ、無安打と打線が沈黙します。
後攻の千葉大に対して、先発投手の外語2年学生監督の永田航は毎回ランナーを出しながらも前半5回を無失点に抑え、完璧な試合運びを見せます。

流れが変わる整備後の6回、外語は三者凡退に終わったのに対して、千葉大は3四死球1安打、内野のエラーを絡め3点を先制し、遂に試合の均衡を破ります。

しかし直後の7回表外語の攻撃、先頭打者3番永田がチーム初安打で出塁すると、後続も繋ぎ、4回生3年6番松尾の左中間への適時二塁打等で2点を返し、2-3となります。

さらに8回表、先頭打者、台湾大学からの留学帰り4回生3年9番村野が四球で出塁すると、昨季まで監督の1番安田がエンドランで繋ぎ、続く2番主将青島が右前適時打を放ち同点に追い付きます。
さらに3番監督永田も右前打で繋ぎ、一死一三塁のチャンスで4番岩崎岳を迎えます。ここは二塁ゴロに倒れますが、この間に三塁走者青島が生還し、一点を加えます。
二死二塁となり、打者は5番田邉を迎えます。2ストライクと追い込まれ、後がない状況から放った打球は見事中前に落ちる適時打となり、さらに1点を加えます。

しかし後続が続かず、結局この回は3点を加えたところで5-3とリードし最終盤を迎えます。

しかし2点リードの9回ウラ、安打と四球で出塁した走者を右越え三塁適時打で返され、同点に追い付かれ5-5とされます。
なおも二死三塁とサヨナラのピンチが続きますが、三番打者を二飛に打ち取り、5-5の引き分けで試合終了となりました。

本日の試合では主に打撃面で課題が見られました。明日以降の練習で修正していきましょう。

また昨日に続き本日も、中国への留学から帰還した4回生3年の小澤廣夢さんにお越し頂きました。ご指導等ありがとうございました。

8月初頭のOP戦は約一週間で3試合をこなす、J1リーグ戦以上に過酷なスケジュールですが、各々体調管理に気を付け試合に挑んでいきましょう。

本日もお疲れ様でした。

Like

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です