8/1 秋季オープン戦①vs農工大@農工大G

今日は秋季オープン戦第一戦、対農工大戦が農工大グラウンドにて行われました。
結果は8対0と、得点力のある農工大相手に完封負けを喫しました。試合を振り返っていきます。

外語の先発岩崎岳は先頭打者を左飛に抑えるも、続く2番に左前安打、3番に死球を許し一死一二塁となり、4番に適時打を浴び一点を先制されます。

すぐに一点を返したい外語は1番永田が四球も貰うと、2番青島が送り、チャンスを作るも生かせず攻撃を終えます。

2回表、7.8番に連打を浴び無死一三塁から、味方のエラーの間にランナー2人生還、3対0とされます。

4回表、先頭打者に二塁打を許すと、続く打者が適時打を放ち4対0と離されます。エラーも絡んでさらに一点追加され5対0となります。

5回表、岩崎に代わって横田がマウンドに上がると三者凡退に抑えるも、6回表、先頭打者に四球を与えると、暴投、盗塁などが重なり一点を追加されます。

7回から投手は横田から永田へ代わり、7回は無失点に乗り切るも8回表、先頭打者に左前安打を許すとエラー、四球が絡み、さらに二点を追加されます。

なんとか得点したい外語は、相手に四死球も貰い、得点圏に走者を進めるものの、併殺に抑えられる場面が多く、無得点のまま試合終了となりました。

今日は猛暑の中で行われたオープン戦第一戦でしたが、練習の成果を生かしきれず、課題が多く見つかる一戦となりました。
残りのオープン戦はチームとしての方向性を定め、秋季リーグ戦に向けてよい収穫ができるといいですね。課題を克服して試合ごとに同じような反省が減るように、頑張っていきましょう。

お疲れ様でした。

Like

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です