6/17 国公立戦vs学芸大@海洋大G

今日は国公立戦、対東京学芸大学戦が海洋大グラウンドで行われました。
結果は4-9で、大量得点を許してしまい敗戦しました。試合を振り返っていきます。

先攻の外語は一回、走者を出せず三者凡退に倒れます。
一回裏、学芸大の攻撃は先発岩崎(岳)が1、2番を簡単に抑え2アウトとしますが、3、4番に連打を浴び5番打者に四球を与え、二死満塁の状況で6番打者に適時二塁打を許し2点を先制されます。

二回表、先頭の岩崎(岳)が二塁打で出塁し、続く田邉が中前安打を放ち、センターが捕球にもたついている間に岩崎(岳)が生還し1点を返します。更に8番岩本の放ったショートゴロの悪送球の間に田邉が生還、2-2と試合を振り出しに戻します。
しかし二回裏、先頭打者を右前安打で出し、捕手の牽制球を一塁手が後逸し進塁させ無死二塁としてしまいます。続く9番打者は三振に切ってとりましたが1番打者の右前安打、2番打者のライトオーバー二塁打、3番打者の中犠飛で2点を追加されます。

その後外語は五回まで相手投手を攻めあぐね追加点を挙げられず、学芸大には四、五回に1点ずつ追加され五回終了時点で2-6と、じわじわと離されていきます。

六回表、先頭の安田が二塁手のエラーで出塁し、4番岩崎(岳)が中前安打でチャンスを拡大させ、5番田邊が犠打で走者を進め一死2、3塁となります。続く6番松尾は二ゴロに倒れますが7番横田の二塁強襲ヒット(エラー?)により2人生還、4-6とします。
六回裏、先頭打者と続く2番打者を打ち取りましたが3番打者を左前安打で出塁させると4番打者に本塁打を浴び、2点を追加されます。

八回裏、投手は永田へと代わり、こちらも2アウトまでは順調に投球していましたが4番打者に本塁打を打たれ、1点を追加されます。

九回表、なんとか追いつきたい外語は先頭8番岩本を死球で出塁させますが、続く9番濱本の一直併殺で二死、1番永田も見逃し三振に倒れ4-9で試合終了となりました。

二年永田が監督に就任してから初めての試合でしたが、采配には混乱もなく試合自体は単純に力の差で負けたというような内容でした。同リーグ2部の格上とはいえ1、2年生主体の学芸大に対してあまり自力で得点できず長打を多く許してしまい、個々人の能力不足を実感しました。
試合後のミーティングでは実際に起きたプレーの話だけでなくプレーに入る前の声や頭の働かせ方、ポジショニングなど今後に繋がる指摘が多く出て実のあるものとなりました。練習に反省を活かしていきましょう。

また今日は戸倉さん、大澤が来てくださいました。差し入れなどありがとうございました。

お疲れ様でした。

Like

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です