昨日は、春季リーグ戦最終戦、対工学院大戦が日工大グラウンドにて行われました。
結果は6-0と悔しい敗戦でした。それでは試合を振り返ってまいります。

外語の先発永田は初回、先頭打者に四球を許すと、続くバッターの進塁打で1死二塁とされ、味方の失策で1点を先制されます。
その後5番打者のヒットで2点目を許すかと思われましたが、センター加藤の見事なバックホームで得点を阻止し、1-0で一回表を終えます。

続く一回裏、一年生稲葉がセンター前ヒットで出塁しますが、チャンスを活かせません。

1-0で迎えた四回表。先頭打者に二塁打を許すと、続くバッターは打ち取るものの、二者連続四球でピンチを広げ1死満塁とされます。犠飛で1点を追加されると、9番バッターにも適時二塁打を許して、4-0と突き放されます。

一方の外語は打線が沈黙、なかなか得点圏にランナーを置くことができません。

五回表、1死一、二塁の場面で、永田は岩崎(岳)へマウンドを譲ります。岩崎は先頭打者に四球を許すと、次のバッターの内野ゴロの間にランナーが一人生還、5-0とされ、この回を終えます。

その後は工学院打線にヒットを許しながらも一年生捕手田邊はこの日3つめの盗塁刺を見せ、練習していた挟殺プレーでもアウトを取ることができ、固い守りで追加点を許しません。

5-0で迎えた九回表、先頭打者の二塁打を浴びると死球、レフト前ヒットで1死満塁とされ、続くバッターの内野ゴロの間にランナーが一人生還、6-0とされます。

このままでは終わりたくない外語でしたが、最後まで相手ピッチャーを打ち崩すことができず、6-0のまま試合終了となりました。

春季リーグ戦最終戦ということで、集大成となる試合を目指して練習してきましたが、結果は6-0と決して満足のいくものではありませんでした。特に攻撃では二安打に抑えられるなど、大きな課題が見つかりました。一方守備では無駄な進塁を許さず成長も見受けられました。
秋リーグに向けた0試合めと考え、夏の練習では課題を一つ一つ克服していきます。

春季リーグ戦の結果は4勝5敗1分となりました。ご声援ありがとうございました。

Like

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です