5/19 春季リーグ戦vs電機大@淑徳大G

今日は春季リーグ戦第9戦、対東京電機大学が淑徳大耕心記念グラウンドにて行われました。結果は10対5、最終回に逆転し勝利を果たし、今季4勝目を収めました!
それでは試合を振り返ってみます。

一回表、外語の攻撃。二本のヒットが出ますが得点には繋がずこの回を終えます。

一回裏、外語の先発は前回好投を見せた岩崎岳。一番打者に内野安打を許すと、四球、暴投が絡み無死二.三塁から適時打を浴び一点を先制されます。さらに犠飛により一点を追加されます。

しかし二回表、八番岩本がセンターへのヒットを放ち、盗塁を決めると相手の失策でそのままホームに帰還。一点を返し1対2とします。いわもつナイバッチ!!

二回裏、 五球で二死を取るも、その後二本の安打、盗塁を許し、味方の失策によって一点追加を許します。

一点を取り合う攻防の中で、その後ヒットは出るものの、両者追加点を得ることができずに五回までを終えます。

試合が動いたのは六回でした。
六回表、一死から五番田邊が左方向へのヒットを放ち、相手の牽制エラーで三塁まで進塁すると、続く松尾のセンター方向への適時打で一点を返し2対3と一点差に詰め寄ります。べっち、松尾さんナイバッチです!

しかしその裏、先頭打者に四球を与えると、続く七番打者がフルカウントから放った打球は風に乗ってセンターを超えツーランホームランとなり、2対5とされます。さらに八.九番打者に安打を許し尚も無死一.二塁のピンチの場面で岩崎弘治がマウンドに上がります。
岩崎(弘)はピンチを抑え、追加点を許さずこの回を最小失点で乗り切ります。

八回表、一死から六番打者松尾が三塁打を放つと、続く安田の二ゴロの間にホームへ帰還。3対5と二点差に追い上げます。松尾さんナイバッチです!!

続く、九回表。外語は最後の猛攻を見せます。先頭濱本が内野安打で出塁、続く加藤がセンターへ安打を放ち、二番青島が四球をもらい無死満塁、最終回にして最大の好機で打席に立ったのは永田。逆転の期待がかかる中で二球目を捉えた永田の打球は右中間を破る適時二塁打!!5対5同点に追いつきます。
尚も一死二.三塁のチャンスで田邊が相手のフィルターズチョイスを誘い、さらに一点を追加、ついに勝ち越します。外語の勢いは止まらず続く松尾が本日4本目の安打を放ち一点を追加し相手投手を降板させます。投手が変わって打席に立った監督安田、流れを切らさず適時三塁打!ランナー二人生還、9対5とリードを広げます。続く岩崎(弘)がスクイズ成功、さらに一点を追加、この回一挙7得点のビッグイニングとなります。皆ナイバッチです!

五点のリードを奪い迎えた九回裏。
先頭を右飛に打ち取ると、続く打者に安打を許すも最後に守備が光り、5-4-3の併殺に打ち取り10対5で三死試合終了となりました。

今日はリーグ戦も終盤で貴重な一勝を上げることができ、今季4位以上、2部残留が確定しました。
なかなか打線がかみ合わない苦しい展開の中でしたが九回まで良い雰囲気を維持し、ついに打線が爆発、岩崎(弘)は好リリーフ見せ逆転勝利を引き寄せました。九回までの流れとしては反省すべき点が多く挙げられたので最終戦に向けて調整していきましょう。

また今日は三室さんがいらっしゃいました。お忙しい中遠いところ来て下さり、アドバイス等有難うございました。

次回は5/26(土)対工学院戦が日工大グラウンドにて行われます。今季最終戦となります。勝利で締めくくれるように一週間頑張っていきましょう!

お疲れ様でした!

Like

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です