5/12春季リーグ戦⑦vs理科大@日工大G

本日は春季リーグ戦第7戦、対理科大が日本工業大学グラウンドにて行われました。
結果は7対7と、延長11回に渡るシーソーゲームを惜しくも引き分けに終えました。
それでは試合を振り返って行きます。

一回表、一死から2番に四球を与え、続く3番、4番に連続ヒットを許し、1点を先制されます。
しかし二回表、先発岩崎(岳)は理科打線を三者凡退に抑え、その裏自ら二塁打を放ち、チャンスを掴みます。二回裏一死二塁、7番岩崎(弘)が適時二塁打を放ち同点に追いつきます。W岩崎ナイバッチ!!

三回表、先頭打者に二塁打を浴びると、犠打、四死球、失策が絡み2点を許します。
しかし、続く四回、五回は岩崎(岳)が好投を見せ、無失点に抑えます。

五回裏、ここで岩崎の好投に外語打線が応えます。
一死二塁から2番青島が四球を貰うと、3番永田のライトへの適時打で1点差に詰め寄ります。

六回裏、外語が流れを引き寄せます。監督安田が四球で出塁すると、続く岩崎(弘)、田邉、岩本が三者連続バントヒットを決め、1点を返します。
さらに加藤が四球を貰い、1点追加、3対4で勝ち越します。
続く青島の犠飛でさらに1点追加、なおも一死一、二塁のチャンスの場面。ここで打席に立ったのは3番永田。本日二回目となるライトへの適時打を放ち、この回は4点を追加。六回3対6と3点リードとなります。

しかし八回表、六回から登板の岩崎(弘)が理科打線に捕まります。一死から単打、四球と続き、一死一、二塁。その後二死まで抑えるも、2番バッターにレフトへのヒットを許し、二死満塁のピンチを招きます。続く3番打者にまさかの満塁ホームランを浴び、一挙に4失点。逆点を許してしまいます。しかし、ここから外語は粘りを見せます。

九回裏、一死から岩崎(弘)、田邉、岩本のバントヒットトリオが四球を貰い、続く加藤が死球、押し出しにより1点を追加。一打サヨナラのビッグチャンスでしたがチャンスを活かすことができず、延長戦へと縺れ込みます。

1点を争う接戦の中、岩崎(弘)が力投を見せ、十回、十一回を無失点に抑えます。

運命の十一回裏、先頭の田邉が死球を貰い出塁し、続く代打横田が送りバントを決めるも、1番、2番が二者連続凡打に打ちとられ、時間規定により、十一回7対7で試合終了となりました。

引き分けとはなりましたが、前回コールド負けを喫した理科大に対し、接戦を繰り広げることができ成長を感じることができた試合となりました。しかし、残塁が多く満塁などのチャンスを得点につなげることができず、勝利まであと一歩、悔しい一戦となりました。

明日は春季リーグ戦第8戦、対日工大が工学院大グラウンドにて行われます。連戦となるので、今日の疲れを明日に持ち込まないよう、しっかりと休みましょう。また、今日の悔しさを糧に、気持ちを切り替えてがんばりましょう!

お疲れ様でした!

Like

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です