5/6春季リーグ戦⑥vs電通大@日工大G

本日は春季リーグ戦第6戦、対電通大が日本工業大学グラウンドにて行われました。結果は5-8と見事今季2勝目をおさめることができました!それでは試合を振り返ってみましょう。

初回、外語の先発は岩崎(弘)です。完璧な立ち上がりで、三者凡退に抑えます。

その裏、先頭の加藤が四死球により出塁すると、続く青島のライト前ヒットとパスボールが絡み、ノーアウト1.3塁とチャンスを掴みます。続くバッターは永田。レフト方向への大きめの犠牲フライでランナーを1人返し先制します。青島くん、わたるんナイバッチ!!

2回表、先頭バッターに左中間へのツーベースヒットを打たれると、その後センター前ヒットにより1点を追加され同点となってしまいます。

3回表、先頭バッターに四球を許すと、ヒットと犠飛が絡み1点を追加され、2-1と点差を広げられてしまいます。

その裏、なんとか巻き返したい外語は、青島が四球により出塁すると、続く永田の打席で盗塁とエラーが絡み、1点を返します!さらに、4番松尾も四球により出塁すると、1アウト1.3塁とチャンスを掴みます。続く岩崎(岳)がタイムリーのライト前ヒットを放ち、2-3と逆転します!いわしナイバッチ!!

しかしその後はお互いになかなか追加点を取ることができません。試合が動いたのは6回表、ショートのエラーにより5番バッターが出塁すると、続く打者にレフト方向へのタイムリーツーベースを許し、その間に1点を還されてしまいます。さらにセカンドゴロの間にもう1点を取られ、4-3と逆転されてしまいます。

7回表、外語は岩崎(弘)に代わり、永田が登板します。永田は先頭打者続く打者に続けて四球を許してしまいます。しかしなんとかこの回を無得点で抑えます。

その裏、外語の反撃が始まります。5番岩崎(岳)が死球により出塁すると、6番安田のレフト前ヒットにより1アウト1.2塁となります。その後相手ピッチャーが荒れ始め、四球、死球、暴投が重なり、その間にランナーを1人還します。2アウト満塁、ここで1番加藤のタイムリーのライト前ヒットによりに2点追加、4-6と電通を追い越します。いつき君、加藤さんナイバッチです!!

8回表、2つの四球と犠飛を許し1点を還されてしまいます。

その裏、外語の勢いは止まりません。4番松尾が死球により出塁すると、サードのエラー、四球により1アウト満塁とチャンスを掴みます。ここで監督安田の内野安打に、送球エラーが絡みランナーを2人還します。いつき君またまたナイバッチ!!!

そして迎えた最終回。ツーベースヒットと2つの四球を許してしまいますが、無得点に抑え、5-8で試合終了となりました。

今回の試合はヒットよりも相手のエラーにより出塁することが多くありました。多くのチャンスはあったものの生かしきれない場面が多く、もう少し点を取ることも出来たでしょう。

しかし、雰囲気作りやピッチャーの投球力など、少しづつ良くなってきているのを感じられる試合となりました。

また今日は風間先生が来てくださいました。お忙しいなか、ノックやアドバイス等ありがとうございます。

次は5/12(土)に日本工業大学グラウンドにて、理科大さんとの試合です。連戦となりますが、前回の反省を生かして次も勝てるように頑張りましょう。

お疲れ様でした。

Like

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です