4/22春季リーグ戦④vs電機大@淑徳大G

今日は春季リーグ戦第4戦、対東京電機大学戦が淑徳大耕心記念グラウンドにて行われました。結果は6-10で無事今季初勝利を収めました!!
それでは試合を振り返って見ましょう。
一回表。外語の先発は岩崎(弘)、順調に3アウトを取り無失点に抑え、完璧な立ち上がりでチームを盛り上げます。

後攻の外語はいきなり先頭の加藤がライトへのヒットを放つと、続く青島が送りバントを決め、打席に立ったのは永田。犠牲フライによってランナーを返し1点を先制します。加藤さんナイバッチです!

二回表、外語のエラーが続き、1点を追加され同点とされてしまいます。

二回裏、先頭打者岩崎(岳)がツーベースヒットを放つと続く安田、横田が相手のエラーを誘い1点を追加。いわしナイバッチ!

三回表、先頭打者に四球を与え、その後2アウトをとるも、続く打者にタイムリーヒット許し、またしても同点とされます。

三回裏、点を取っては取り返す接戦の中、外語2アウトから永田が四球を選択、続くバッター四番松尾がタイムリーヒットを放ち、1点を追加します。続く岩崎岳は四球、安田は相手のエラーを誘い、その間にランナー1人生還、2対4とします。
なおもチャンスの場面でバッターは1年生石塚。レフト方向へのタイムリーヒットを放ち、さらに1点追加。外語は2対5と点差を広げます。松尾さん、けいじゅナイバッチ!

四回裏、2アウトから青島がヒットで出塁すると、続く永田が相手のエラーを誘い1点を追加。続くバッター松尾が期待に応えてタイムリーツーベースヒットを放ちランナー1人生還。2対7、4点差とリードを広げます。

五回裏、外語の勢いは止まりません。
7番石塚が相手のエラーで出塁すると続く横田がレフトへのタイムリーヒットを放ち1点を追加します。1番加藤のレフトへのタイムリーヒットでさらに1点追加。2対9と大きくリードを広げます。横田、加藤さんナイバッチです!

五回まで毎回点を追加するという絶好調な試合展開となります。さらに守備では岩崎(弘)が抜群のピッチングを見せ、相手に追加点を許しません。

しかし、六回表、電機打線の反撃が始まります。4人のバッターに立て続けにヒットを許し4点を取られ、6対9と3点差に詰め寄られます。

流れを引き戻したい外語は守備で魅せます。七.八回と出塁は許すもののダプルプレーをとるなど電機に追加点を与えず切り抜けます。

八回裏、外語は攻撃の手を緩めません。松尾が死球で出塁すると盗塁を二つ決め、岩崎(弘)のタイムリーヒットで6対10と差を広げます。その後九回表をしっかり守りきり試合終了となりました。

ここまで3連敗を喫した中での今日の勝利はチームにとって大きな一勝になりました。しかし、反省点も多く上がり、まだまだ改善できる点があることも分かりました。

今日の試合は雰囲気良く進んだので練習も含めて雰囲気を維持して勝っていきましょう!

また、今日の試合には代田さん、戸倉さんが来て下さいました。遠いところいつも有難うございます。

次回の試合は4/29(日)vs工学院大です。

連戦、お疲れ様でした!

Like

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です