4/21 春季リーグ戦③ vs電通大@日工大G

今日は春季リーグ戦第3戦、対電通大学戦が日本工業大グラウンドにて行われました。結果は1-6で悔しくも3敗目を喫してしまいました。それでは試合を振り返ってまいりましょう。

先攻の外語は、一回表、青島がレフト前ヒットにより出塁しますが、その後はヒットが続かず、この回を終えます。

その裏、先発の岩崎岳は1本のヒットとエラーが絡み、1アウト満塁とピンチを迎えますが、なんとか無失点で抑えます。

2回表、本日初試合となる田邊が四球により出塁すると、岩崎が送りバントによりチャンスを広げ、安田のヒットでランナーが1人生還、先制点を得て1-0とします。いつき君ナイバッチ!!

その裏、先頭打者にヒットを許すと、エラーやバントが絡み、1点を返され同点となってしまいます。

3回裏、先頭打者が四球により出塁すると、ヒットと四球を許し、追加点を与え、1-2となってしまいます。

試合が動いたのは4回裏。先頭打者が四球により出塁すると、その後2本のヒットと死球を許し、3点を取られ1-5となってしまいます。ここで、岩崎岳に代わり横田が登板します。横田は最後の打者を空振り三振に抑え、この回を終えます。
一方外語はなかなか追加点を得ることが出来ません。

5回裏、横田は2本のシングルヒットと1本のツーベースヒットを浴び、ランナーを1人還され、さらに点差を広げられてしまいます。

なんとか巻き返したい外語でしたが、そのまま追加点を得ることのできないまま1-6で敗北となりました。

1試合でわずかヒット3本。投手力、打線力の弱さが浮き彫りとなる試合でした。出塁こそしているものの、なかなか得点に結びつけることが出来ませんでした。明日は淑徳大学グラウンドにて、東京電機大学さんとの試合があります。気持ちを切り替えて、勝利できるよう挑みましょう。

また、今日は休波さん、清水さん、高城さんがいらしてくださいました。お忙しいなかノックやアドバイス等ありがとうございました。

お疲れ様でした。

Like

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です