3/18 春季オープン戦④ vs農工大@農工大G

今日は春季オープン戦最終戦、対農工大学が農工大グラウンドにて行われました。結果は15-6と大差で負けてしまい、課題が多く残される結果となりました。それでは試合を振り返っていきましょう。

初回、先発の岩崎岳は先頭打者に四球を許すと、その後も3つの四球とヒットを許し、この回で6点を取られてしまいます。

その裏、なんとか巻き返したい外語は、先頭打者加藤が四球により出塁すると、続く青島が送りバントに成功し、1アウト2塁となります。ここで主将永田のHRにより、2点を返します。わたるんナイバッチ!!しかしその後はヒットも続かず、4点差のままこの回を終えます。

攻撃では、3回裏永田が四球により出塁すると、続く横田のライト前ヒットにエラーが絡み、2点を取り返します。ゆうだいナイバッチ!

守備では、その後5回までに8本のヒットを許してしまい、14-4と大きく引き離されてしまいます。

6回表、ここで先発岩崎岳に代わり、永田が登板します。永田はヒットは許すものの、この回を無得点に抑えます。

しかし外語も追加点を取れず、7回表、先頭打者にレフト前ヒットを許すと、犠打、エラーにより1点を取られ、更に点差を広げられてしまいます。

そして迎えた最終回。ここで、永田に代わり岩崎弘治の登板です。岩崎はヒットを許そことなく、無得点に抑えます。弘治くんナイスピッチ!

そしてその裏、先頭打者はなかなかヒットを打つことができず、すぐに2アウトとなってしまいます。しかし続く9番松尾がセンター前ヒットにより出塁すると、四球とヒットが絡み、2点を取り返します。みんなナイバッチです!!その後5番安田がサードのエラーにより出塁しますが、飛び出しアウトによりチャンスを生かしきれず、15-6で試合終了となりました。

今日は川田さん、戸倉さんが来てくださいました。お忙しい中、ノックやアドバイス等ありがとうございました。

リーグ戦前最後の練習試合でこのような結果となってしまい、まだまだリーグ戦へ向けて準備が足りていないと実感させられる試合となってしまいました。初戦まで残り2週間、最終調整を進めていきましょう。

お疲れ様でした。

Like

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です