2/24 春季OP戦①vs東京理科大@理科大G

今日は春季オープン戦第1戦対理科大が、理科大グラウンドにて行われました。

結果は5対10と、幸先よく勝つことが出来ました!

それでは試合を振り返っていきます。

一回表、1アウトから先発岩崎は2番打者に死球を与えてしまいます。その後2アウト2塁の場面で4番に右中間への三塁打を打たれてしまい、1点を先制されます。
続く5番は失策で出塁し、その間に1点を追加されます。

その裏外語の攻撃は、1番安田がセンターへのヒットを放つと、続く青島、加藤が四死球により出塁、満塁となります。
その後、永田の本塁での封殺により1アウト満塁。
5番岩崎の出塁によりランナー1人生還、2対1。
さらに横田によるライトへのタイムリーヒットで2対2と試合は振り出しに戻ります。

3回の表、1アウトから4番が内野安打で出塁。その後盗塁、捕逸により1アウト3塁となります。さらに5番にライトへのタイムリーヒットを打たれ1点を追加されます。
その後、外語の失策、暴投が続きさらに1点を追加され、4対2となります。

その裏、3番加藤の内野安打、永田のタイムリースリーベースヒットにより1点を返し、4対3と一点差に迫ります。
その後横田による左中間へのタイムリーヒットで、外語は同点に追いつきます。

5回表、外語は失策により先頭打者に出塁を許すと、レフトへのヒット、失策が続き満塁を許してしまいます。
その後、8番打者の凡打の間に追加点を許してしまい、5対4となります。

6回裏、先頭打者横田が失策により出塁し、1アウト1塁、岩本が粘りを見せ四球を選び、1アウト1、2塁となります。その後、松尾の犠打により2アウト2、3塁となり、1番安田がタイムリーツーベースヒットを放ち、ランナー2人生還。5対6となります。
続く青島のタイムリーツーベースヒット、加藤のタイムリースリーベースヒットにより2点追加。5対8と外語は点差を広げ、この回は4点を追加しビッグイニングとなります。
皆さん、ナイバッチです!!

そして7回裏、先頭打者岩崎が四球を貰い、続く横田が右中間へのタイムリーツーベースヒットで1点を追加します。ここで魅せてくれたのは、8番岩本。センターへのタイムリーヒットを放ちます!初ヒットとなりました!!いわもつ、ナイバッチ!!!この1点が外語の最後の得点となり、5対10で試合終了となりました。

今日の試合は、秋季リーグ戦後新チームでの初試合でしたが、無事勝利を収めることができました!
取られては取り返し、ビハインドから逆転勝ちすることが出来たことは、とても良かったと思います。
しかし、失策が目立ったり、練習では補えていない部分も見えたりと、反省する点も多々ありました。
各自今日の試合を反省し、明日の試合に向けてしっかり準備しましょう。

そして今日は戸倉さんが試合を見にきてくださいました。遠くまで、差し入れやアドバイスなどありがとうございました!

明日も試合です。しっかり休んで挑みましょう。
お疲れ様でした!

Like

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です