11/11 秋季リーグ戦⑩vs文教大@日工大G

今日は秋季リーグ戦第10戦、対文京戦が日工大グラウンドにて行われました。
結果は、5-6でサヨナラ勝ちとなり、6勝4敗と勝ち越しで今シーズン終えることができました。

それでは試合を振り返ってみましょう。

外語の先発岩崎は1.2回、相手に四死球をいくつか与えるものの、なんとか無失点に抑えます。
しかし3回表。3人に連打を浴び、ノーアウト満塁のピンチから四死球、犠牲フライにより2点を先制されてしまいます。ここで岩崎は永田にマウンドを譲ります。

その裏、追いつきたい外語は四球を2つもらうと、続く3番青島がレフトへのタイムリーヒットを放ち2-1とします。青島くんナイバッチ!

4回表、追加点を与えたくない外語ですが、永田は先頭打者に四球を与え、そこから3人に連続ヒットを許し、2点を追加され、4-1と離されます。

なんとか点差を縮めたい外語はその裏、先頭安田がエラーで出塁すると、続く松尾が左中間へのヒットを放ち、さらに続く福田が送りバントを決めます。チャンスで打席に立ったのは1番山崎。ライトへのタイムリーヒットを放ち、2点を追加し1点差に詰め寄ります。松尾さん、ともきさんナイバッチです!!

さらに7回裏、1点を追いかける外語の攻撃。ツーアウトから4番永田がライトへヒットを放つと、続く清水が期待通り、ライトへのタイムリーツーベースヒットを放ち、同点に追いつきます。わたる、清水さんナイバッチです!

4回以降、永田は安定したピッチングを見せ、8回まで追加点を与えません。しかし、9回表。テンポよく2アウトをとるものの、エラーで出塁を許すと続く2人にヒットを打たれ、またも1点差とされます。

このまま終われない外語はその裏、橋本が相手のエラーにより出塁すると、続く森川が送りバントを決め、1アウト1.2塁の場面で打席に立ったのは頼れる4番永田。みんなの期待に応え、タイムリーツーベーヒットを放ち、同点に追いつきます!
サヨナラのチャンスの場面で打席に立ったのは清水。初球で試合を決定づけるサヨナラタイムリーヒットを放ち、サヨナラ勝利という最高の形で勝利を収めることができました。
わたる、清水さん本当にナイバッチでした!

今日の試合では、前回の反省を生かしたプレーが見られるなど、練習の成果がでて成長を感じられる試合となりました。また、1年生ピッチャー2人で勝利をつかんだことも大きな収穫でした。人数が少なくなる中で個々人のレベルアップ、ピッチャーのレベルアップなど来季に向けて課題を見つけることもでき、とても意味のある一戦となりました。
何より現チーム最終戦で勝利を飾ることができたことが良かったです。

また今日の試合には風間先生、休波さん、折笠さん、高城さん、なおこさん、宮島さん、りほさんが来てくださいました。遠いところありがとうございました!

この試合をもちまして秋季リーグ戦終了となり、残ってくださった3年生プレイヤー3人、復帰してくださった5回生2人、そしてコーチとしてチームを支えてくださった加藤さんが引退されます。本当にお疲れ様でした。

応援してくださった皆様、たくさんのご声援ありがとうございました。これからも東京外国語大学硬式野球部をよろしくお願いいたします。

Like

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です