11/5 秋季リーグ戦⑨vs文京大@日工大G

本日は秋季リーグ戦第9戦、対文京大戦が日工大グラウンドにて行われました。
今季のリーグ戦において調子のよい文京との初の対戦でしたが、結果9-5で負けてしまいました。

それでは試合を振り返ってみましょう。

先攻外語は初回、3番安田がデッドボールにより出塁し、続いてピッチャーのエラー、暴投というラッキーな展開で一点を先制します。

しかし一回裏、先頭打者にいきなりホームランが打たれ同点とされてしまいます。

続く二回表、追加点がほしい外語ですが、二者連続三振に倒れ2アウトとなります。しかし、2アウトからの外語です。橋本が四球で出塁すると続く松尾がヒットを放ち2アウト1.2塁とします。
ここで打席にたったのは頼れるエース清水です。期待に応えタイムリーヒットを放ち、2-1と勝ち越します!松尾さん、清水さんナイバッチです!!
さらに続く森川、青島が四球をもらい、押し出しにより一点を追加し、3-1とリードします。

ところが二回裏、連続フォアボールとヒット、エラーも絡み、またまた同点に追いつかれてしまいます。

なんとか先発清水を援護したい外語ですが、なかなか打線がつながらず、ミスも絡み、3.4.5回無得点に終わってしまいます。

ここで追加点を与えたくない外語でしたが、4.5回に1点ずつ返され、3-5とついに勝ち越されてしまいます。

しかし、6回表にチャンスがやってきました。ツーアウトから続く横田がライトへのヒットを放ちます。ナイバッチ!
チャンスで打席に立ったのは3年生橋本です。なんとセンターオーバーのタイムリースリーベースヒットを放ち、4-5と一点差に詰め寄ります。橋本さんナイバッチです!!

なんとか一点を追加したい外語ですが、7.8回ヒットは出るものの、繋ぐことができず無得点に終わります。

8回裏、点差を広げたくない外語でしたが、ヒットとフォアボールが続き、打者が一巡し、一気に5点を奪われてしまいます。

9回表。このまま終われない外語の先頭打者は、昨日に引き続き投打で大活躍の清水です。なんとここでレフトへのツーベースヒットを放ちます!清水さん、ナイバッチです!その後ダブルプレーをとられツーアウトとなるものの、四球、デッドボールをもらい、チャンスを広げます。
ここで頼れる4番永田がタイムリーヒットを放ち、一点を返します。わたるナイバッチ!
残念ながらその後は反撃かなわず5-9で試合終了となります。

負けてはしまったものの二日連続先発をつとめ、完投した清水さんはさすがのピッチングをみせてくれ、さらに打線もふんばり、外語らしい野球ができたと思います。優勝の可能性はなくなってしまったものの1.2年生が中心となる来季に向けて課題も多く見つかる良い試合となりました。

また今日は休波さんと藤岡さんが試合にいらしてくださいました。ありがとうございます!

お疲れ様でした!来週は今季最後の試合です。残り一戦チーム一丸となってやりきりましょう。

Like

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です