11/4 秋季リーグ戦⑧vs理科大@日工大G

本日は秋季リーグ戦第8戦、対理科大戦が日工大グラウンドにて行われました。外語の打線が11安打と爆発し、0-2で勝利を収めることができました。それでは試合を振り返りましょう。

初回、外語の先発清水はヒットを許すことなく三者凡退で抑えます。しかしその裏、同じく外語も三者凡退によりすぐに攻守交代となってしまいます。

2回裏、岩崎がレフトオーバーのヒットにより出塁すると、同じく1年の横田のレフト前ヒットにより2アウト1.2塁のチャンスを掴みます。しかしその後はヒットが続かず、チャンスを活かせません。

試合が動いたのは3回裏、外語の攻撃です。先頭の森川が右中間へのヒットで出塁しますが、牽制アウトになってしまいます。しかし続く監督安田のレフト前ヒット、青島のセーフティバント成功により1アウト1.2塁とチャンスを掴みます。続くバッターは、今期大活躍の1年生永田です。センター前ヒットを放ち、ランナー1人生還。先制点を獲得します。続く4番清水では、セカンドへのゴロでさらにもう1点獲得し、0-2でこの回を終えます。みんなナイバッチ!!

しかしその後はヒットは出るものの、なかなか追加点を取ることができません。

そして迎えた最終回。投手清水が最後も三者凡退で抑え、相手に得点を許すとなく0-2で試合終了となりました。清水は9イニング中6イニングを三者凡退で抑えるという素晴らしいピッチングをみせてくれました。

本日の試合では、今期最多となる11安打を放ち、外語の課題であった打撃面に関して成長の見られる試合となりました。しかし、牽制アウトやフライの多さ等新たな課題も見つかりました。練習で課題を減らしつつ、残りの2試合も勝ちましょう。

お疲れ様でした。

Like

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です