秋季リーグ戦⑦vs日工大@日工大G

本日は秋季リーグ戦第7戦、対日工大が日本工業大学グラウンドにて行われました。今回のリーグ戦において初めて、同じ対戦校から二勝目を納めることができました!それでは試合を振り返っていきます。

一回表、先発清水は日工打線を三者凡退に抑えます。
その裏、後攻の外語は、先頭の安田がセンター前ヒットを放ち、ノーアウト1塁。その後安田が二盗を決め、ノーアウト2塁となります。続く青島がレフト前ヒットを放ち、ノーアウト2、3塁のチャンスを迎えると打席に立ったのは一年生永田。犠飛で安田が生還し、外語は一点を先制します。

続く二回は両者とも無得点におわりますが、三回裏、外語の打線が爆発します。
先頭の岩崎がレフト前ヒットを放ちますが、続く安田のセカンドライナーで2アウトまで追い込まれます。ここで終わらないのが外語です。2番青島が失策により出塁、更なる失策で2塁へ進みます。2アウト2塁、永田が四球をもらい2アウト1、2塁になると4番清水がライト前ヒットを放ち、2アウト満塁のチャンスになります。
ここで頼りになるのが5番福田。ここぞとセンター前ヒットを放ちます。これにより外語は二点を追加します。ナイバッチです!!その後もヒットがでましたがこの回は二点に留まります。

守りも好調な外語は、その後も日工打線にほとんどヒットを許すことなく場面は六回裏。
2アウトから森川が左中間へのヒットを放ち、さらに二盗を決めます。2アウト2塁、つづく岩崎のレフト前へのタイムリーヒットにより一点を追加します。ナイバッチ!

その後、七回、八回とエース清水の好投と野手の堅い守りで日工大を三者凡退に抑えます。九回にヒットを一本許すものの、外語はそのまま日工打線を封じ、0対4と完封勝利となりました!!

これで今季四勝目となります。
今回の試合では、エース清水が一回を10球ほどで抑える見事なピッチングをみせてくれました!!清水さん、ナイピッチです!また、野手も無失策に終わることができました。
しかし同時に見えてきた課題もあったので、残り3試合、反省点を見直して勝てるように頑張っていきましょう。

また、本日は、休波さん、高城さん、藤岡さん、りほさん、かなこさん、さきさんが試合に来てくださいました。お忙しい中、アドバイスや差し入れなどありがとうございました!

今日はお疲れ様でした。しっかり休んで、次の練習に備えましょう!

Like

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です