秋季リーグ戦⑤vs農工大@日工大G

本日は、秋季リーグ戦第五戦、対農工大戦が日工大グラウンドにて行われました。
前回勝利した相手ではありましたが、あと一歩及ばず、2-4で痛恨の3敗目を喫しました。それでは試合を振り返ってまいります。

農工大の先発は、前回7回5安打に抑えられた綾織です。外語は、四死球やエラーもあり何度かチャンスを得ましたが、なかなかランナーを返すことができません。

対する外語の先発は、エースで4番の清水。4イニングを44球で凌ぎ、4奪三振と、圧巻のピッチングを見せます。

試合が動いたのは5回裏、農工大の攻撃です。三塁打を許すと挟殺プレーでミスが出て、先制点を奪われてしまいます。

流れを引き戻したい外語ですが、6回も得点することができません。その裏、先頭打者に四球を与えると、エラーも絡みチャンスを広げられ、連打で一挙に三点を追加されてしまいます。

4-0のまま迎えた8回表、先頭の横田がライト前ヒットで出塁しますが、そのあと簡単にツーアウト1塁とされます。続くバッターは好守の光る青島、ライト前ヒットを放つと相手のエラーの間にランナーが1人生還、まずは一点をかえします!さらに驚異の一年生永田がライト前ヒットで青島をかえし、2点差に詰め寄ります!ゆーでぃー、青島くん、わたるん、ナイバッチ!!!
しかし反撃もここまで、2点差のまま試合終了となりました。

今日は課題の多く残る試合となりました。
リーグ戦も折り返し地点です。ミーティングで出た反省を踏まえ、気持ちを新たに、また練習に励んでいきましょう!

また、本日は塚本様、天野様、風間先生が試合に来てくださいました。差し入れなど、ありがとうございました!

しっかり休んで、次の練習に備えましょう。お疲れ様でした。

Like

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です