9/16 秋季リーグ戦(4)vs理科大@日工大

本日は秋季リーグ戦第4戦、対理科大が日工大グラウンドにて行われました。結果は2-3と一点差で惜敗を喫しました。それでは、試合を振り返ってまいります。

先攻外語は初回、先頭打者の安田がレフト前ヒットを放つと、続く森川がこれを送り、4番清水のタイムリースリーベースヒットでテンポよく一点を先制します。いつき、清水さんナイバッチです!よしきさんナイスバントです!

守備では外語の先発清水が相手を三者凡退に抑え、2回の攻撃に繋がる良い流れをつくります。

ところが外語は三者凡退で2回の攻撃を終えると、3回も永田のヒットが出ましたが打線が続かず、1-0のまま3回裏となります。

3回裏、相手の先頭打者にヒットを許すと、エラーも絡みノーアウト1,2塁とされ、犠牲フライで一点を奪われ1-1とされます。

流れを引き戻したい外語は4回表、相手のエラーで福田が出塁すると、松尾が10球を粘って四球を選び、続く代田のスクイズで一点をかえして2-1とします!

しかし5回にかわった理科大の二番手岡安相手に外語打線は沈黙。対する理科大も、なかなか清水から追加点を奪うことができません。

試合が動いたのは8回表、外語のピッチャーは清水にかわって岩崎です。連打をあびると暴投も絡み二点を奪われ、2-3と再び逆転を許します。

9回表、なんとか一点を得たい外語でしたが、2-3のまま試合終了となりました。

 

清水、岩崎両投手が相手を三点に抑えましたが、打線の援護に恵まれず悔しい二敗目となりました。今日の反省を活かして、来週以降の練習、試合に臨みましょう。

また、本日は、風間先生、天野さん、休波さん、神谷さん、高城さんが試合へ来てくださいました。差し入れやアドバイスなど、ありがとうございました。

今日はお疲れ様でした。しっかり休んで、次の練習に備えましょう。

Like

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です