9/10 秋季リーグ戦③vs電通 @流通経済大牛久野球場

本日は、秋季リーグ戦第3戦対電通大が流通経済大牛久野球場にて行われました。

結果は8-0とコールド負となってしまいました。それでは試合を振り返りましょう。

初回、外語の先発岩崎は相手を三者凡退で抑え、良い滑り出しとなります。

3回裏、先頭代田がレフト前ヒットにより出塁すると、続く橋本の犠打、青島のファーストフライにより2アウト3塁のチャンスを掴みます。しかしそのチャンスを生かせず、無得点のままこの回を終えます。

両投手の好投により5回まで0-0のままテンポよく試合が進みます。

試合が動いたのは6回表。先頭バッターに四球を許すと、ヒットやエラーが絡み一気に3点を奪われてしまいます。

7回表にはテンポよく2アウトをとるものの、2つのヒットと四球により2アウト満塁とピンチを迎えます。そして続く5番打者にタイムリーのスリーベースヒットを許し、6-0と点差を広げられてしまいます。ここで岩崎はマウンドを永田に譲ります。

そして迎えた8回表、永田は2つの四球と犠打を許すと2番バッターにタイムリーのツーベースヒットを浴び、2点を奪われてしまいます。

その裏、なんとか点を取りたい外語。8番橋本が死球により出塁し、続く青島がセカンドゴロで送ります。四球によりツーアウト1.2塁とチャンスを掴みますが、そのまま返すことは出来ず、8-0でコールド負けとなりました。

今日は藤岡さんがいらしてくださいました。差し入れやアドバイス等ありがとうございました。

本日の試合はヒットがわずか1本という悔しい結果となってしまいました。今日見つかった課題としっかり向き合い、次の試合は絶対に勝ちましょう!!

お疲れさまでした。

Like

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です